ふむ

ドギツイ系の小説ということなんですかね。

シェアであることは話の中では重要なんでしょうか、それとも特にどうってことなくシェアなんでしょうか。そこだけ気になったりして。

芥川賞小説にルームメイトとか出てくるのも、シェアが普及してきたからかな、なんて思いますね。中身のほうは、自分で買って読むことはないでしょうけど。日本の本は高いですし。。。