シリコンバレーの意識高すぎるルームシェア募集「スタートアップの城」

アメリカ、シリコンバレーのSUpostのルームシェア募集掲示板に載っているものすごいルームメイト募集記事が、その募集条件の条件の多さにIT業界人たちの興味を引いているようです。

startup-castle

スタンフォード大学の近く、ウッドサイドにあるこのチューダー朝様式の豪華ハウス。チューダー朝様式のデザインだそうです。このルームシェア物件は、自身もウェブサイトまで持っており、「スタートアップ・キャッスル」と称しています。

startup-castle-photos

ITやバイオなどの分野で大学を出るか出ないかといった若者達が起業(スタートアップ)する文化がアメリカ、特にシリコンバレーにはありますが、まさにそういう志向を持った人たちが集まり、自分たちと共感できる仲間を探しているというわけです。

ただ、スタートアップ志向の人が豪華なお城に住む意味がどれぐらいあるのか、そして彼らのシェアメイトへの要件がものすごくて話題になっているわけですが…

このお城の新しい仲間になるために必要なのは、

  • 最高レベルの学位を持つか、高度な数学・科学が必要な仕事についていること
  • 週に15時間は運動していること
  • 車での通勤は20%以下であること(自転車通勤者!)
  • よく整理整頓されたシステムと共通のルールを好むこと
  • 犬を飼うのが好きなこと

まあこれぐらいなら要件に合う人もいるでしょう。しかし次に「以下にあてはまるような人はお断り」のリストも続きます。

  • 週に4時間以上、テレビや映画を見たり、ビデオゲームなどで遊ぶ
  • 2つ以上イレズミがある
  • 2回以上デモ抗議などに参加したことがある
  • 週に3回以上、ソーシャルメディアに投稿する
  • 露骨な歌詞の音楽を一日に何度も聴く
  • 週に3度以上化粧する
  • 500ドル以上する服・靴・時計・ハンドバッグ等を持っている
  • 請求書を誰か他人に払ってもらったことがある
  • 親に貰った車に乗っている
  • 親から日常的にお小遣いやプレゼントを貰っている
  • 週に2個以上スマホアプリを入手している
  • 冷蔵庫スペースを大量に使う複雑なダイエットをしている
  • 週に4杯以上アルコールを飲む
  • 年に3回以上マリファナを吸う
  • 精神科医に処方箋を書いてもらったことが2回以上ある
  • それ以外のドラッグを人生で3回以上やったことがある

どう思いますか? 最近のアメリカ・カリフォルニアの人たちの嗜好が透けて見えるリストですね。環境や健康を気にするのはクールなんでしょうし、起業などしたいという人なら親からちゃんと自立してるのは望ましいということでしょう。嗜好品やドラッグについては、日本とは基準が違うんだなーと感じさせられます。

しかし、僕ならこんなうるさい人たちの所には入りたくないですね。シリコンバレーの人たちがツイッターなどで反応している様子を見ても、

https://twitter.com/agolis/status/598582038439002112

「地獄のようなところに見える」

「毎日2時間も運動するの!」

など、あまり好意的なものは多くないようです。

ただお城なだけでなく、ジムや図書室、イベントスペースなど多数の共用設備を持っているこのハウスシェア、個室が1750ドルから、ドミトリーは1000ドルからということで、東京なんかよりはるかに家賃が高い現在のシリコンバレーなので異常ということはないですが、さすがの値段です。

ルームシェアジャパンを「起業」で検索してみると、やはり起業を目的とした人たちで一緒に住みましょうというものや、オフィスシェアでオフィスを共用しましょうという呼びかけはあります。同じ目標・近い目標を持つ人とシェアをして頑張ろう、という事自体はとてもいいことだし意味もあると思います。

via Fusion Kevin Roose(Digg創業者)

投稿者: あきゆうき

ルームシェアジャパン代表。「ルームシェア」という言葉が通用しなかった日本で1997年からルームシェアを始める。その体験をネットに公開し、2002年には日本語で初めてのルームシェア本を出版。人生を変えうるルームシェアをより多くの人に知ってもらいたいと活動を続けています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です