データからみたアメリカのルームシェア家庭の割合

「アメリカやイギリスではルームシェアは普及していて一般的」とは、僕もたびたび言っていることですが、実際にどれぐらいの家庭がルームシェアしているのでしょうか?

アメリカの家庭調査データから、ルームシェアを含めた家族構成として典型的なパターンの上位25をまとめたページがありました。

flowingdata-american-household-types-2014

いろいろな暮らし方がある中で、一番多いのは27.48%の「一人暮らし」、24.71%の「夫婦子供なし」、8.67%の「夫婦子供1人」と続きます。

丸の色の灰色が家の代表者を表し、それ以外の色は、代表者との関係性を示しています。緑の丸は、代表者と結婚していたり子供だったりですね。赤は「親や兄弟姉妹」、水色は「孫」、黄緑は「そのほかの親戚」です。

ルームシェアの関係性にあたるのが、紫の「友達や(夫婦ではない)パートナー」や黄色の「親戚ではない他人」。このパターンで一番多いのは、4.10%で6位の、「友達やパートナーと二人でルームシェア」ですね。

  • 6位 4.10% 友達やパートナーと2人暮らし
  • 10位 0.89% 友達やパートナーとその子供で3人暮らし
  • 12位 0.68% 他人と2人暮らし
  • 14位 0.58% 友達やパートナーとその子供2人で4人暮らし
  • 20位 0.35% 友達やパートナー2人とで3人暮らし
  • 23位 0.25% 友達やパートナーとその子供3人で5人暮らし

と、上位25%だけでも6種類の「ルームシェア」が登場します。ここに出てこない「友達や他人との4人暮らし」とか5人以上のルームシェアは、0.19%よりも少ないのですね。

上記の6種類を全部足すだけでも、6.85%となります。100戸のアメリカ家庭があれば、そのうちの7戸ぐらいは、ルームシェアをして暮らしている、というのが、実際のデータからわかるわけですね。

記事ではさらに、2014年と1970年のデータを切り替えて表示できるようになっています。1970年のデータで同様にルームシェアと思われるパターンを足し合わせても、2%ぐらい。ルームシェアが一般的に行われているアメリカでも、50年前は2%程度がそのような家で、50年弱でルームシェアして暮らしている人の割合は3-4倍ぐらいに増えた、と言えそうです。

日本の社会はいろいろな面でアメリカのトレンドを後追いしていますから、日本でもルームシェアは長期的に増えていくでしょうね。

投稿者: あきゆうき

ルームシェアジャパン代表。「ルームシェア」という言葉が通用しなかった日本で1997年からルームシェアを始める。その体験をネットに公開し、2002年には日本語で初めてのルームシェア本を出版。人生を変えうるルームシェアをより多くの人に知ってもらいたいと活動を続けています

「データからみたアメリカのルームシェア家庭の割合」への1件のフィードバック

  1. 現在、日本においてルームシェアしている割合はどれくらいなのでしょうか?

    日本でもルームシェアが流行ってきていると聞きますが、周りにはそこまでいるようには感じていないので気になってお尋ねしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です