ルームシェアに向いている人の共通点

こんにちは!ライターのhaseです。

他人と一つ屋根の下暮らすルームシェア生活は、とても楽しい反面、残念ながらうまくいかずに、解消してしまうこともあります。

せっかくのご縁で始めるシェア生活。楽しく過ごすために、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?長く続く秘訣は?

ルームシェアで上手に暮らしている人の、共通点を考えてみましょう。

smilies-1644210_640(credit:Alexas_Fotos)

協調性のある人

協調性の部分で成熟している人は、ルームシェアに向いているように思います。

実際に、長年ルームシェアを続けることができている人には、そのような性格の方が多いのも事実です。

数人で住むという場合は、そういう人がいてくれると、円滑にシェア生活ができるでしょう。とはいえ、その人に任せましょうということではありません(笑)

何事もみんなで協力し合うことが一番ですし、そんな過程も楽しめるのが、ルームシェアの醍醐味でもあるのです。

トラブルに発展しそうなことは、事前に話し合って解決しておく。より快適な暮らしのために、お互い向き合うことも、ルームシェアならではだと思います。

「こんな自分と一緒に暮らしてくれてありがとう!」お互いに、そんな温かい気持ちを持って接していれば、自然と良い雰囲気は生まれるでしょう。

その家の空気は、住む人の一体感によって、どんな風にもカタチを変えていくものです。

他人の価値観を尊重できる人

ルームシェアをしていると、そうじやゴミ捨てなどの家事や、食事のマナーなどの些細なことでも、考え方の違いが出てきます。

これは、それまでの生活環境の違いにより、当然のことと言えます。

大切なのは、価値観を同じにしようとするのではなく、相手の価値観を尊重するということです。まったく同じ考えの相手など見つかるわけがありません。

実家暮らしや、一人暮らしでは発見することのなかった、新しい考え方に出会った。そんな風に柔軟な対応ができると、とてもスムーズに暮らせます。何より、自分自身が楽なのです。

「そういう考え方もあるんだな」と、新しい価値観に興味を持ったり、楽しめるくらいの、余裕が欲しいものですね。

そういう発想ができる視野の広い人は、ルームシェアに向いていると言えます。

相手を思いやれる人に対しては、相手もその人の価値観を尊重しようと、努力してくれます。まさに円満な関係が築けるでしょう。

sunset-1331088_640(credit:marcoreyesgt)

他人に干渉しすぎない

「今日はどこに行ってたの?」「明日の予定は?」

など、自分ではなにげないコミュニケーションの一環のつもりでも、相手にとっては、度が過ぎた干渉と感じることも、あるかもしれません。

「人は人、自分は自分」と、自立できていること。

コミュニケーションを大切にするのはとても良いことですが、何事も節度を持ちましょう。

適度な距離感がわかる人は、ルームメイトからも好かれ、良好な関係が築けている方も多いです。

干渉しすぎず、見放しすぎない。とっても難しいことではありますが、心のパーソナルスペースも、人によって千差万別です。

生活を共にしていく段階で、相手のペースが分かってくることもあります。きちんと向き合って、お互いの心の均衡点を見つけられれば、良い関係性が保てます。

相手のこと、自分のことを少しだけ振り返ってみる

これらの要素を、全部兼ね備えるなんて、実際には難しいですよね。すべてを完璧にしようとする必要はありません。

シェアメイトとの生活を、大切にしようとする姿勢が見えれば、たいていのことは解決してしまうのも事実です。

自分の求めるように動いてくれないからと言って、相手にイライラしてしまいがちですが、相手が自分のことを気遣ってくれてさえいれば、許せることって多いと思いませんか?

「相手にばかり、自分に合わせるように要求していないか?」

「かくいう自分は、相手の思うように行動できているのか?」

時にはそんな風に振り返ってみることも有効です。

これは、ルームシェアに限らず、家族や恋人、夫婦関係にも言えることでしょう。

相手のことを尊重する気持ちを忘れなければ、自己中心的な行動にはならないし、配慮もできるはず。

お互いにそんな気持ちがあれば、大きなトラブルは避けられるでしょう。成長する自分を楽しみながら、快適なシェア生活ができるといいですね!

経験者が考える「ルームシェアの魅力」3選

はじめまして!ライターのhaseです。

今回から、ルームシェアについてのブログ記事を担当させていただくことになりました。

私自身、3年ほどのルームシェア経験があり、とても貴重な時間を過ごしてきました。

その経験を生かしつつ、さまざまな角度から役立つルームシェア情報をお届けしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

さっそく初めてとなる今回は、私自身のルームシェア経験をもとに、あなたにルームシェアの良さを伝えられたらと思います。

ルームシェアの良さはここでお伝えできないほどたくさんあるので、私の思うメリット3点を厳選してみました!

「ルームシェアを始めてみたい!でも、なかなか最初の一歩が踏み出せない・・・」

こんな風に迷っている方もいらっしゃると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

luggage(credit: andremergulhaum)

メリットその1:計画的に行動する習慣がつく

ルームメイトがいる場合、お風呂に入ったり洗濯をしたりと、一人暮らしだったら自由にできることも、譲り合いながら、時間配分を考えながら使うことになります。

「もうすぐルームメイトが帰ってくる時間だから、先にお風呂に入っておこう」とか、「キッチンが混み合う時間帯を避けて、早めに明日のお弁当を作っておこう」というように、早め早めに行動するクセがつくのです。

一見デメリットのようにも思えますが、自分だけだといつまで経ってもぐーたらして、なかなか重い腰を上げない私にとっては、絶好の環境と言えるのです(笑)

何でも先送りしてしまう悪いクセが直り、その後の時間を有効に使うことができます。

私はその余った時間を使って、お風呂上りには読書とストレッチをすることにしていました。

計画性にも優れ、時間の節約にもなるという素晴らしいメリットだと言えます。

メリットその2:セキュリティ面で安心できる

door-327820_1280(credit: bykst)

女性ならルームシェア経験がなくとも、容易に想像がつく利点だと思います。

「一人暮らししたいけど、防犯面が心配でなかなか踏み切れない」という女性の方も多いのではないでしょうか?

実家を出て初めての一人暮らしだったら尚のこと、ご実家の親御さんも心配なさることでしょう。

そんな時、ルームシェアなら同居人がいてくれるので、心強いのです。

暗い夜道を帰る時は、家のカギをかける瞬間まで心配だった一人暮らしも、灯りのついた家に戻るのは安心感がありますね。

帰宅時間が合えば、一緒に帰ることもできるわけです。

私の場合、男性も居るルームシェアだったので、これはもう個人的に、本当に心強かったですし、家族もその点で非常に安心してくれました。

「ただいま」が言える嬉しさも実感できます。

常に家の中に誰かが居てくれる、安心感や温かみ。

ひとりじゃないって素晴らしい(笑)

メリットその3:夢に向かってがんばれる!

notepen_jpg(credit: monochr)

個人的推察ですが、ルームシェアを始めるきっかけは、経済面で節約できるという利点も去ることながら「何か新しいことを始めたい」とか自分自身が変わるきっかけにしたいと考えている方も、相当数いるのではないかと思うのです。

私自身もその1人で、誰かがそばに居るということは、怠けグセのある私にとっては一人暮らしよりもこう、シャキッとできるのではないかと考えました(笑)

先ほども述べたように、私は異性ともルームシェアをしていたので特に、ダラダラした姿を人様にはさらせない。

そんな単純な考えです。

それくらい単純だったとしても、それがやる気に結びつくなら良いと思いませんか?

そして記念すべきルームシェア初日、私は目標を考えて、箇条書きにリストアップしました。

「この部屋を1年以内に出る!そしてそれまでにこんな目標を達成したい!いや、するんだ!!」という具合に。

もしもそういう考えはなく、「ただただルームシェアをするよ!」という方は、その道をまっすぐ進んでいただきつつ(笑)それでも目標も立てることはおすすめします!

まったく新しい環境での、一からのスタート。

もう考えただけでワクワクしてきませんか?

私は今、もう自分のことのように浮き足立っています(笑)

ともすれば、シェアメイトとの時間が楽しくて毎日に流されそうになるかもしれません。

しかし目標を定めれば、自分の夢に近づく大きなチャンスに変えられる可能性大です!

例えばこんな風に・・・

  • 絶対に半年で出て、その後は海外に留学する。
  • なるべく自炊して30万円貯める。
  • 習い事を始めて資格を取得する。
  • 外国人とルームシェアして英語が話せるようになる。

などなど、何でも良いので目標を立てて、有意義にシェア生活を楽しんでほしいと思います。

あなたの夢を達成するための環境づくりを、強制的に作ってしまうと良いでしょう。

そして「この半年間で、私はこういう人間になるよ」と新しいシェアメイトに堂々と公言してください。

そんな前向きなあなたを見て、シェアメイトも刺激を受けて何か行動するかもしれません。

ルームシェアの良いところって、そういう相乗効果が得られる点も大いにあると、私は思うのです。

まとめ-フレキシビリティに富んだライフスタイル-

ということで今回は、私自身の経験から考える、ルームシェアの意外な魅力について取り上げてみました。

ルームシェアは、一般的な賃貸物件に比べると居住期間が短いという特徴があります。

短期で住めることもメリットの一つだと思うのですが、シェアメイトと合わないなどの消極的な理由から、短期間で退去しているのでは?と考えられている面があります。

しかし、悲観的な理由からだけではありません。

「夢をつかんで一人立ちできる日が来た」とか「起業するために引っ越しをする」「新たな自分を探す旅に出たい!」などという、前向きな理由も多いです。

そんな仲間と生活できることは、自分にとっても良い刺激になります。

「寝っ転がって動画みてばっかりじゃダメだな」とか、気づけるわけです(笑)

休日はもっと活動的になりたいのに、つい部屋でゴロゴロしてしまうという方には、とても良い環境なのではないでしょうか。

自由度の高い居住スタイルなのですから、短期間で退去することも自然な流れだと感じます。

フレキシブルに住まいを変えられるって、素晴らしいことだと思いませんか?

迷っている方はぜひ、次の一歩を踏み出してみてください。

きっと、まだ見ぬ自分や仲間との出会い、新たな発見があるはずです!

米を炊かなかった、で包丁で切りかかった同居人

こんなニュースが…

食事を巡るトラブルから同居人を切りつけたなどとして、愛知県警中川署は13日、名古屋市中川区柳川町、大学生、ファン・バン・カン容疑者(20)=ベトナム国籍=を殺人未遂の疑いで逮捕した。

(中略)

同署によると、2人は一室で生活をともにしており、炊飯器内の米を最後に食べた方が、次の食事のために米を炊くというルールを取り決めていた。しかし、ファン容疑者はそれを守らなかった。このため男性がとがめたところ、トラブルになり、鍋に入った熱湯をかけるなどしたという。

毎日新聞

大学寮でのルームメイトということですが、何がもとでトラブルになるか、わかりませんね。

なんとなくではなくルールを決めていたのはむしろトラブル予防のためにいい事だったと思うのですが、ルールを決めてもルールが守られないばかりだと、かえって「ルールなのに…」と怒りが溜まってしまうこともあるかもしれません。

それにしても、ねえ…

ルームメイトとの取り決めたルールをちゃんと守っているか、相手が包丁を持ち出しそうなぐらい怒ってないか、ちょっと振り返ってみてもいいかもしれません。

住宅ローン35年とルームシェア

謎のイタリア人コラムニスト・パオロ・マッツァリーノさんがブログで国の持ち家政策の矛盾について書いています

今回の記事を書くために過去の資料をいろいろ調べましたけど、一般向け住宅ローンが普及しはじめた70年代前半には、住宅ローンは15~20年の返済期間が限度とされてました。40歳まで社宅暮らしをし、その間に頭金を貯めて家を買い、55歳の定年のころに返済終了、という想定だったわけです。

ところが80年代には30年、35年ローンがあたりまえになってしまいました。逆算すると、定年までに返済を終えるためには、30歳くらいで家を買う決断をしなければならないわけです。実際、新築マンションには小さい子がいる30歳くらいの夫婦が目立ちます。

でもいまどきのサラリーマンにはなんの保証もありません。35年後もいまと同じ会社にいられるのか、会社自体が存在してるのか、だれにも予想できません。

確かに、今東京圏でマンションを買おうと思うと、住宅ローンの見積もりは当然のように30年、35年という期間で出てきます。また、それぐらいの長期で計算しないと買えないぐらい、家の価格が高くなっているという状況もあります。

money-1017463_640

昭和のような終身雇用やボーナス、退職金などが整備された時代ならともかく、先々どうなるかわからない今の日本で35年続く借金を背負ってまで家を買うことが安全なのかどうかは、怪しいところですよね。

ルームシェアの収入を見込んで家を買うことは僕も決して薦めないのですが、病気や怪我もせず、会社も倒産せず、仕事もなくならず、という前提で高額なローンを組むのであれば、ルームシェアをすることで得られる予定外の収入は、何かあった時のリスク対策として有用なものの一つになり得ると思うのです。

実際に僕の場合、ルームメイトからの賃貸収入で10年と掛からず最初の中古マンションのローンを繰り上げ返済できてしまったわけで、そこは本業の会社員でも順調だったとか節約を頑張ったとかの要因もあるのですが、35年のローンを7,8年に短縮できたことで、2軒目の購入にしても転職にしても、自分の選択肢を広げられたなあ、と思うところはあります。

また、パオロさんも書かれているとおり、

30歳そこそこで、定住を選んでしまっていいのかな。今後べつの場所でちがう仕事がやりたくなったりしませんか。そういう気持ちになったとしても、持ち家が足かせになって踏み出せないのでは。

といった側面もあるわけです。まだどこでどんな仕事をしていきたいか固まっていない若い人は、他の人がやっているルームシェアに入って住むことで、フットワークを軽くしたまま、安く便利なところに住むことができます。

必要もないものを無理な計画を組んで買わない、というのも、人生設計では大事ではないかなと改めて思いました。

家 住宅ローン 借金 電卓

データからみたアメリカのルームシェア家庭の割合

「アメリカやイギリスではルームシェアは普及していて一般的」とは、僕もたびたび言っていることですが、実際にどれぐらいの家庭がルームシェアしているのでしょうか?

アメリカの家庭調査データから、ルームシェアを含めた家族構成として典型的なパターンの上位25をまとめたページがありました。

flowingdata-american-household-types-2014

いろいろな暮らし方がある中で、一番多いのは27.48%の「一人暮らし」、24.71%の「夫婦子供なし」、8.67%の「夫婦子供1人」と続きます。

丸の色の灰色が家の代表者を表し、それ以外の色は、代表者との関係性を示しています。緑の丸は、代表者と結婚していたり子供だったりですね。赤は「親や兄弟姉妹」、水色は「孫」、黄緑は「そのほかの親戚」です。

ルームシェアの関係性にあたるのが、紫の「友達や(夫婦ではない)パートナー」や黄色の「親戚ではない他人」。このパターンで一番多いのは、4.10%で6位の、「友達やパートナーと二人でルームシェア」ですね。

  • 6位 4.10% 友達やパートナーと2人暮らし
  • 10位 0.89% 友達やパートナーとその子供で3人暮らし
  • 12位 0.68% 他人と2人暮らし
  • 14位 0.58% 友達やパートナーとその子供2人で4人暮らし
  • 20位 0.35% 友達やパートナー2人とで3人暮らし
  • 23位 0.25% 友達やパートナーとその子供3人で5人暮らし

と、上位25%だけでも6種類の「ルームシェア」が登場します。ここに出てこない「友達や他人との4人暮らし」とか5人以上のルームシェアは、0.19%よりも少ないのですね。

上記の6種類を全部足すだけでも、6.85%となります。100戸のアメリカ家庭があれば、そのうちの7戸ぐらいは、ルームシェアをして暮らしている、というのが、実際のデータからわかるわけですね。

記事ではさらに、2014年と1970年のデータを切り替えて表示できるようになっています。1970年のデータで同様にルームシェアと思われるパターンを足し合わせても、2%ぐらい。ルームシェアが一般的に行われているアメリカでも、50年前は2%程度がそのような家で、50年弱でルームシェアして暮らしている人の割合は3-4倍ぐらいに増えた、と言えそうです。

日本の社会はいろいろな面でアメリカのトレンドを後追いしていますから、日本でもルームシェアは長期的に増えていくでしょうね。

ルームシェアをしたくない理由1位は?

レオパレスがインターネットで行ったアンケート調査の結果によれば、「ルームシェアをしてみたいと思ったことがある」人の割合は21%だそうです。

また、そのルームシェアをしたいと思った人が実際にルームシェアしていない理由も訊かれています。

(レオパレス 調査結果)
(レオパレス 調査結果)

1位は「生活リズムを乱されたくないから」

キッチンやトイレ、シャワーなど、共用の設備がルームメイトに使われていれば、ちょっと待たないといけないこともあるでしょう。また、寝る時間の違いやテレビ・音楽などの音などで、自分の理想的な生活パターンを送れない、ということもあるかもしれませんね。

2位の「お金の分担が面倒だから」は、共同で購入する消耗品の購入・清算や光熱費の支払い・計算など、生活で掛かる費用の公平な分担をしようとすると手間が掛かるということでしょう。ルームメイトの中にこういうのが苦にならない人が居れば、なんとかなるポイントでもあるのですけど。

3位の「お風呂やトイレのシェアが嫌だから」、5位の「家具・家電や食器のシェアが嫌だから」は似ているところも多い項目だと思います。トイレのシェアが嫌な人は会社のトイレは気にならないの?と思うし、食器のシェアはレストランやカフェでも普通にあることなので、シェアすること自体が問題というよりも、それが清潔に管理・運用されないかもしれないということへの恐れがあるのかなと思います。

調査はルームシェアとシェアハウスの区別がついてないなど、ちょっと適当なところもありますが、一人暮らしでないと困る、という人がどこに困るかというのがわかる点では良い調査だと思いました。

トイレットペーパーを補充しないルームメイト

トイレットペーパー切れはルームメイト間の仲を確実に悪化させる問題の一つですね。

「トイレットペーパーを交換しても、脳にダメージは与えられません」

という看板を(わざわざ)作って掲示したルームメイトに対して、トイレットペーパーの切れ端(!)にペンで書いて返したのは

「(脳にダメージが与えられないかどうかを)試したくもないね」

roomshare-replace-toilet-paper-does-not-harm

チャート – ルームシェアとその他の共同生活

他人と同じ屋根の下で一緒に暮らすというだけでも、いろいろな異なる住み方があります。

ここでは、ルームシェアとそれ以外の共同生活の違いを、期間と運営者の2点から比べてみました。

room<img src=share-and-others-perceptual-map” width=”660″ height=”934″ class=”alignright size-large wp-image-2851″ />

「個人が他の個人に空いている部屋を貸す」あるいは「個人が集まって共同で住居を借りたり買ったりして住む」というのがルームシェアの特徴です。自分たちでの運営となるために、人間関係や維持の手間が掛かることもありますが、貸し借りの間に業者など第三者の取り分が入らない分、掛かる費用がさらに安くなることが多いです。

「シェアハウス」というのはほぼ和製英語で、日本独特の流行なのですが、この流行の原因の一つは、直接住む相手を探す「ルームシェア」の認知度が低いのも原因かと考えています。

関連

ルームシェアとゲストハウス(シェアハウス)はどう違う? | ルームシェア入門

新年の計画を立てよう♪ あなたがルームシェアに求めるものを書き出す

新年明けましておめでとうございます(^O^)

 

いよいよ2015年が始まりました。

今年の目標は立てられたでしょうか?

 

このブログをご覧のみなさまですから、きっと

「今年こそ、英語をマスターするために外国人と交流するんだ♪」

「ルームシェアをして実家から出るぞ!」

「誰かと一緒に住んで楽しい一年にしよう!」

と気合を入れてご覧になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

最近では、ルームシェアやシェアハウスと検索すればたくさんのコミュニティがヒットするようになりましたね。

いろいろな企業さんが付加価値をつけてルームシェアする中、一方でその分のコストは上乗せ。

リラックスしたいシェアハウスで、独自のルールに縛られる生活はちょっと・・・。

と、コストを抑えた生活&寂しくない人がいるかつ自由な生活!を望んでいる人にとっては

そもそも何のためにルームシェアするのか、ちょっとわからなくなるようなお値段とお部屋の広さの反比例という現実も。

 

そのため、海外で実際に暮らしていた人々や外国人にとっては、

”シンプルに自分たちで責任をもって自由により安くシェアするスタイル”を追求するがごとく

昔ながらのスタイルを探している人も少なくないようです。

 

目的を明確にして自分に質問することで、脳は自然とあなたの目的に会ったお部屋を探してくれるように動きます。

今日はゆっくり時間をとってあなたがルームシェアに興味を持った理由や目的をぜひ書き出してみましょう♪

ぶた計画
(画像クレジット: わんパグさま)http://www.wanpug.com/

 

 

(例)

  • 外国人と交流
  • コストを抑えるため(予算: いくら )
  • 他人と生活してみたい
  • 実家を出たい
  • ライフスタイルを変えたい

・・・・などなど。

 

コメント欄への投稿も合わせてお待ちしております