クーリエ・ジャポン「やっぱり、海外で暮らしてみたい」に海外のシェア事情が多数

ちょっと前の号なのですが、海外のニュースを多数扱う月刊誌クーリエ・ジャポンの2013年10月号の特集「やっぱり、海外で暮らしてみたい。」を読んでいたところ、海外で暮らす日本人を取材した記事のいろいろなところで、ルームシェアに関する話題が出ていました。

イギリス・ロンドン

「ロンドンに着いてすぐ、会社が紹介してくれた部屋の家賃が1200ポンドもして、驚きました。ロンドンでの一人暮らしはとても高くつくので、20代の独身者はフラットをシェアするのが当たり前になっています」

クーリエ・ジャポン2013年10月号 p.31 外国人にも開かれた「国際都市」ロンドン生活を満喫する日本人たち

ロンドンは海外からの不動産投資が多く、家の値段が高いようです。そのような都市の中心部で若い人が住もうとすれば、ルームシェアという選択はごくごく自然ということでしょう。文中に出てくる「フラットシェア(flatshare)」は、ルームシェアのことを呼ぶ一番一般的なイギリス英語ですね。

シンガポール

家賃が高いシンガポールでは、1軒を何人かでシェアするのが一般的で、彼らが住んでいるのは50戸ほどの家が連なった「タウンハウス」と呼ばれる長屋型の集合住宅だ。

クーリエ・ジャポン2013年10月号 p.54 経済発展にともなって家賃も高騰… シンガポールの生活事情を聞いてみた

こちらの記事は、かなりルームシェアの話が多い記事となっています。インド人オーナーの公団住宅(HDB)で、一部屋に4人、全体で10人ほどで住んで大変だったという体験や、日本人以外と仲良く住みながら現地に詳しいルームメイトに助けてもらったり、掃除や洗濯を週一回外部の業者にまかせることで、ルームメイト間での掃除当番などのトラブルを防いでいるといったような話が紹介されていました。

シンガポールのルームシェア事情については、ルームシェアジャパンのブログでも現地の人に聞いた話をまとめています。興味のある方はぜひこちらも読んでみてください。

アメリカ・ニューヨーク

前のバンドの元メンバーが住んでいたいまの物件に空きが出たのをきっかけに、8人が巨大なフロアをシェアする部屋に入居した。もともと工業用に使われていたロフトだが、いまは1階が写真スタジオ、3階が音楽スタジオとして使われているほか、残りの4フロアは、増田のフロアと同様、何人もの若者が住居としてシェアしている。

生活空間とスタジオを兼ねた窓もない部屋に払う家賃は月800ドル。バスルームやシャワーは8人で共同だというが、生活の時間帯が個々に違うからか、意外と不便ではないと増田は言う。

クーリエ・ジャポン2013年10月号 p.66 夢を叶えるために「世界の首都」へ ニューヨーク生活はこんなに刺激的

これはまた強烈な事例ですね。倉庫のようなところを無理やり住むところに変えて住んでいる話です。8人で一つのトイレやシャワーというのは、かなり厳しい方かと思います。そんな状況でも住みたい、暮らしたいという魅力が、ニューヨークのその地区にはあるんでしょうね。

自分たちで壁を作ったり直したりして住空間をよくしていくのは、たいへんでもあるけれども楽しい、という話も出ています。

この特集の載ったクーリエ・ジャポンはこちら

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]

世界6カ国での日本人の暮らしぶりが特集されている中で、3箇所でルームシェアに関する話が出てきています。シェアの話が出なかったパリやハワイでも、ルームシェアして住んでいる人はたくさんいます。

ぼくはルームシェアしたくない人にまでシェアをしろと言うつもりはまったくないのですが、こうやって世界の大都市での暮らしぶりの記事にシェアの話が(ルームシェアの特集記事というわけでもないのに)たくさん出てくるということで、ルームシェアという暮らし方が決して異常でも特殊でもない、ということは言いたいですね。

ルームシェアでも構わない、ルームシェアで得られる利点(安さとか便利さとかルームメイトからの友人ネットワークとか)も興味ある、という人は、こういった海外の都市に行ったときにルームシェアを検討するのもよいし、東京のような日本の都市でも選択できるんだなという風に知ってほしいと思います。

関連

クーリエ・ジャポン|COURRiER Japon 107 October 2013

クーリエ・ジャポン10月号、本日24日(土)発売です。 « クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)

海外移住の前に知っておきたいこと 【書評】Courrier Japon(クーリエジャポン)2013年10月号

1月30日「ルームシェアの始め方セミナー」を開催します!

バナー750×250_seminar201401

【1/27】1/30のセミナーは定員に達しました。多数のご予約ありがとうございます。

「ルームシェアをしてみたいけど、どうしたらいいのかわからない」
「使ってない部屋があるのだけれど、ルームシェアはできないか」
といった悩みを持つ方を対象にした「ルームシェアの始め方セミナー」を1月30日に開催いたします。

先日、ユーザー交流会を開催し、和やかな雰囲気で楽しい時間を過ごすことができましたが、
もっと大人数でのレクチャーの方が参加しやすいというご意見もありました。
今回のレクチャーでは、ぜひ多くの方にご参加いただければと思います。

=====================================
「ルームシェアの始め方セミナー- 空き部屋活用・充実した暮らしのために -」

人口減少期のなか、空き家・空き部屋の増加が課題となっています。また、新たな社会問題として「脱法ハウス」などが取り上げられる中、個人同士で空いた部屋をやりとりするルームシェアに注目が集まっています。

ルームシェアは、営利目的で運営するシェアハウスと違って、事業者が介在しない分、誰でも主体となって始めることができます。シェアハウスとくらべても家賃が安めなことから、住まいの借り手からも選ばれています。

本セミナーでルームシェアのノウハウを伝えることで、一人でも多くの方にルームシェアのよさを知ってもらい、ルームシェアが広がっていけば幸いです。

チラシはこちら:
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2014/01/roomshare-seminar-20140130.pdf

Facebookイベントはこちら:
https://www.facebook.com/events/1391113487810759/

【こんな方にオススメ!】
・所有している物件をルームシェアにしたい
・物件を購入し、ルームシェアすることに興味がある
・仲間を集めて賃貸でルームシェアしたい

講師:あきゆうき
ルームシェアジャパン代表。「ルームシェア」という言葉が通用しなかった日本で1997年からルームシェアを始める。その体験をネットに公開し、2002年には日本語で初めてのルームシェア本を出版。人生を変えうるルームシェアをより多くの人に知ってもらいたいと活動を続けています。

内容(予定):
・ルームシェアとは何か
・ルームシェアの準備
・ルームシェアの募集
・ルームシェアの運営方法
・ルームシェアと税金、お金について
・質疑応答

【開催概要】
主催:ルームシェアジャパン
日時:2014年1月30日(木) 19:00 – 21:00
場所:ギークカフェ水道橋
   東京都千代田区三崎町2-13-7ギークハウス1F
   地図はこちら http://geek-cafe.net/access.html
料金:ワンドリンク制(コーヒー250円から)
定員:20名(先着順)

※セミナー終了後も、ルームシェアについて語りあったり、質問を受け付ける場を設ける予定です。お時間許す方はご参加ください。

【お申し込み方法】
Webから:
以下のサイトのお申し込みフォームより必要事項を記入してください。
http://kokucheese.com/event/index/139261/

メールから:
お名前、メールアドレス、本セミナーで聞いてみたいこと(任意)を添えて、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
pr(アットマーク)roomshare.jp

みなさまのお越しをお待ちしています!

ルームシェアジャパン「ルームシェアの始め方セミナー」を1月30日に開催

プレスリリース

2014年 1月 9日

ルームシェアジャパン

===================================================
ルームシェアジャパン「ルームシェアの始め方セミナー」を1月30日に開催
===================================================

*本件の詳細は、PDFおよびWebでもご覧頂けます。
(PDF)http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2014/01/roomshare-seminar-release-20140109.pdf
(ウェブ)http://roomshare.jp/blog/2014/01/09/roomshare-seminar-20140130/

 日本最大(*)の無料ルームシェアマッチングサイト「ルームシェアジャパン」を運営するルームシェアジャパンは、所有している物件をルームシェアとして活用したい方、新しくルームシェアを始めてみたい方を対象に、1月30日「ルームシェアの始め方セミナー」を開催します。
 人口減少期のなか、空き家・空き部屋の増加が課題となっています。また、新たな社会問題として「脱法ハウス」などが取り上げられる中、個人同士で空いた部屋をやりとりするルームシェアに注目が集まっています。
 ルームシェアは、営利目的で運営するシェアハウスと違って、事業者が介在しない分、誰でも主体となって始めることができます。シェアハウスとくらべても家賃が安めなことから、住まいの借り手からも選ばれています。
 本セミナーでルームシェアのノウハウを伝えることで、一人でも多くの方にルームシェアのよさを知ってもらい、ルームシェアが広がっていけば幸いです。
(*)グーグルトレンド、アレクサの両社による

チラシはこちら:
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2014/01/roomshare-seminar-20140130.pdf

開催概要

主催:ルームシェアジャパン
日時:2014年1月30日(木) 19:00 – 21:00
場所:ギークカフェ水道橋
   東京都千代田区三崎町2-13-7ギークハウス1F
   地図はこちら http://geek-cafe.net/access.html
料金:ワンドリンク制(コーヒー250円から)
定員:20名(先着順)

講師:あきゆうき
ルームシェアジャパン代表。「ルームシェア」という言葉が通用しなかった日本で1997年からルームシェアを始める。その体験をネットに公開し、2002年には日本語で初めてのルームシェア本を出版。人生を変えうるルームシェアをより多くの人に知ってもらいたいと活動を続けています。

お申し込み方法

Webから:
以下のサイトのお申し込みフォームより必要事項を記入してください。
http://kokucheese.com/event/index/139261/
メールから:
お名前、メールアドレス、本セミナーで聞いてみたいこと(任意)を添えて、以下のメールアドレスまでご連絡ください。 pr(アットマーク)roomshare.jp

運営者情報

団体名:ルームシェアジャパン(http://roomshare.jp/
ルームシェアジャパンは、日本でのルームシェアの認知度を高め普及を推進する団体です。
個人間で一戸の中の空いている部屋を貸し借りする「ルームシェア」の専門サイトである「ルームシェアジャパン」を運営しています。前身となるルームシェア情報サイトの開始(1997年)から、ルームシェア募集掲示板の開設(2000年)を経て、募集掲示板の運営は15年目となります。
現存するルームシェアサイトでは日本で最も古く、国内最大(*)のアクセスがあります。
(*) グーグルトレンド, アレクサの両社による
米クレイグズリストのような個人広告サービス(クラシファイド)が定着しない日本で継続的に運用されている数少ない分野特化型のクラシファイドサービスです。
2002年には日本初のルームシェア入門書「ルームシェアする生活」を出版しています。
開設:1999年 (募集掲示板開設 2000年4月25日)

本件に関するお問い合わせ先

ルームシェアジャパン 広報担当: 近藤
e-mail:pr(アットマーク)roomshare.jp ツイッター:@roomshare
ウェブサイト:http://roomshare.jp/ フェイスブックページ:http://www.facebook.com/roomsharejp

募集のURLを貼ると内容を埋め込み表示できるWordPress pluginを公開しました

embed-roomshare-japan-1

ルームシェアをされていてブログを持っている方、ルームシェアややゲストハウスのWebサイトを作っている方に使っていただきたい機能をご紹介します!
Wordpressで、記事にルームシェアジャパンの募集のURLを貼ると、投稿内容を埋め込み表示できるWordPress pluginを公開しました。

詳細はこちら→Embed Roomshare Japan

インストール方法および使い方は、

  1. WordPressのダッシュボードから「プラグイン」>「新規追加」と選択して、「embed-roomshare-japan」もしくは「roomshare」で検索をする。
  2. embed-roomshare-japan-2

  3. 「いますぐインストール」をクリック、インストールされるので、「プラグインを有効化」をクリックして有効化させる。
  4. embed-roomshare-japan-3

  5. 記事を投稿する際にURLをそのまま貼り付ける。
  6. embed-roomshare-japan-4

  7. すると、募集の内容が埋め込み表示されます。かなり目立ちますね!
  8. embed-roomshare-japan-5

WordPressをお使いの方はぜひご活用ください!

ルームシェアは「シェアハウス」ではありません

毎日新聞が脱法シェアハウスの規制に関して、次のような記事を出しています。

他人同士が集まって住むシェアハウスについて、国土交通省が「建築基準法上の寄宿舎として扱う」との規制策を示した問題で、所管する独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)の「ハウスシェアリング制度」を利用した住居は「寄宿舎に当たらない」と判断していることが分かった。申込時にシェア相手と知人関係にあることを理由とするが、業界関係者は「線引きが難しい」と指摘し、「天下り先を守るための『ダブルスタンダード』ではないか」との声も上がっている。【加藤隆寛】


シェアハウス:国交省の寄宿舎基準 天下り先UR、対象外 「知人でシェア」理由に

UR賃貸がルームシェア可で貸しているのを、違法建築などが問題とされているシェアハウス問題と絡めて問題としているようですが、「他人同士が集まって住むシェアハウス」という書き出しが、事実誤認でしょう。

もともとシェアハウスという用語はゲストハウスの言い換えで2008年頃から出てきたものに過ぎませんが、脱法ハウスとして問題になっているのは、業者が大掛かりにやっている、窓が無かったり天井が異常に低かったりするような、住める環境でない改造をして貸している寮タイプのものです。

ルームシェアは、個人が空き部屋を貸しているもので、そこに事業性はありません。大きなまとまった家を借りる家賃を、シェアメイトの間で分担しているだけのことです。UR賃貸の場合も、家族に貸そうと、代表者に貸して代表者が又貸ししようと、それで利益を得ているわけでもないのですから、ひとまとめに同じもののように扱うのはおかしいでしょう。

そもそも、空いた部屋を他人に貸すこと自体、ルームシェアという言葉が日本に定着した2004年頃のはるか以前、それこそ戦前から、間貸しや下宿という形で存在していました。独身寮と下宿の性格がまったく異なるのですから、ルームシェアを脱法シェアハウスの問題にまとめて論じるのは大雑把過ぎるといえます。

子供が住んで何の問題もない部屋に、知人を住まわせると突然火事や地震の危険が問題となる、という物言いは、言いがかりだとしか思えません。

「ゲストハウスジャパン」Androidアプリ掲載情報

先日「ゲストハウスジャパン」のAndroidアプリの公開に関するニュースリリースをお送りしたところ、以下のメディアに掲載していただきました。

ゲストハウスジャパン:Androidアプリレビューなら女子のための情報サイトsmapli(スマプリ)
http://android.smapli.net/10/57/detail534.html

シェアハウス情報に特化したアプリ「ゲストハウスジャパン」が登場 “異性の宿泊可”の部屋も掲載 | 【EXドロイド(エックスドロイド)】
http://exdroid.jp/d/60144/

シェアハウス情報に特化したアプリ「ゲストハウスジャパン」が登場 “異性の宿泊可”の部屋も掲載(EXドロイド) – IT – livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/7907137/

smapli

smapli

smapli(スマプリ)は、女性のスマートフォンライフを応援する、スマートフォン向けアプリやスマートフォン端末、その周辺機器などを紹介する情報サイトです。かわいいイラストと優しい色使いのデザインで親しみやすく、紹介されているアプリも、かわいいキャラクターもの、美容や恋愛などといった、女性に役立つものが多数あります。
その中で、ゲストハウスジャパンのアプリも、
『1人暮らしだと犯罪に巻き込まれないか不安だから』
『他の人たちと一緒の生活が楽しそうだから』
『家賃や初期費用がふつうのアパート・マンションより安いから』
『外国人が結構いるため、語学の勉強をしたいから』
といった女性のニーズに応えるものとして紹介してもらいました!記事の中でも、かわいい内装のゲストハウスを探してもらいましたよ!ぜひご覧ください。

EXドロイド

exdroid

EXドロイド(エックスドロイド)は、「バカと暇人のためのアンドロイドアプリ情報発信基地」と銘打たれていますが、内容はアプリレビュー、インターネット関連のニュース、アプリ関連の特集記事、コラムやインタビューなど、中身の濃いサイトとなっています。今回のレビューも、シェアハウス・ゲストハウスの「ルール」に着目し、ゲストハウスジャパンのアプリではルールや特徴の確認が簡単にできることを押し出してくれました。ルームシェアの背景やルームシェアジャパンの紹介もしていただき、とてもしっかりしたレビューを書いてくださって嬉しいです!

こうやってレビューしていただくと、こんな機能が喜ばれるのか、こんな需要があるのかということがわかって面白いですね。

2013年5月人気募集キーワード

こんにちは!広報の@kondoyukoです。
ルームシェアジャパンのGoogle Analyticsを見ていたのですが、色々とおもしろい発見がありました!
今回は、その中でもよく募集を探す際に検索されているキ−ワードをランキングにしてみました。
トップページの右上のココ↓から検索されたものです。
search-ranking-201305-1

人気検索キーワードランキング

1位 ペット可+東京
2位 タワーマンション
3位 東京都+下北沢
4位 東京都+中目黒
5位 サブレット
6位 東京都+池袋
7位 地震|被災|ペット可
8位 東京都+自由が丘
9位 カップル
10位 一軒家

どうですか?魅力的なキーワードでしょうか?やっぱり東京の人気エリアでの検索が目立ちますね。

ペット可の物件

「ペット可」物件かということは、ペットを飼ってらっしゃる方には気になるところでしょう。鳴き声や抜け毛などの問題もあるためペット可の物件は多くはありませんが、ルームシェアにおけるペットは、みんなで面倒を見たり一緒に遊んだりできるなどいい点もあるかと思います。
ギークハウスというエンジニアのためのシェアをされているphaさんも、著書の中で「シェアハウスみたいな人の集まる場所で猫を飼っているというのもちょうどいい。猫が好きな人がよく来てくれて来客が増えるし、初対面の人間同士が集まっているときでもとりあえず猫を見ていると共通の話題になって場が和んだりする」「人の集まる場所に猫や小さい子供がいると、共通の話題になってコミュニケーションが生まれたり、人の間の緩衝材になって場の雰囲気が和んだりする」と書かれています。
search-ranking-201305-2

ギークハウス東日本橋の猫

ルームシェアとペットについてはルームシェア入門の下記の記事も参考にしてくださいね。
http://roomshare.jp/guide/pet/

物件・賃貸の形態

また、「タワーマンション」「サブレット」「一軒家」といった物件や賃貸の形態に関するキーワードが多く検索されています。
「タワーマンション」でのシェアなら、憧れの高級物件に比較的安く住めることから人気が高いのでしょうか。
「サブレット」とは、元の住人が転勤や旅行で長期家を空ける際に、家具等を置いたまま帰ってくるまでの契約でその部屋を貸すことです。貸主は荷物を置いておけて収入にもなるし、借主は家具家電等揃えなくてもすぐに住めるという利点がありますが、こうしたサブレットの募集が見つかりやすいのはルームシェアジャパンならではの特徴かもしれませんね。
憧れの「一軒家」も、シェアなら比較的借りやすいですね。広い部屋をのびのび使えたり、屋上や庭のある物件もあったりと、豊かな暮らしに期待が膨らみます。逆に、掃除が大変だったり害虫が出たりなどの問題もあるようです…(私が今年から住みだしたシェアも、夏は虫が多いとのこと…)

これから募集を出そうとされている方は、よく検索されるキーワードを意識して募集の文面を工夫してみるのはいかがでしょうか?