ルームシェアに向いている人の共通点

こんにちは!ライターのhaseです。

他人と一つ屋根の下暮らすルームシェア生活は、とても楽しい反面、残念ながらうまくいかずに、解消してしまうこともあります。

せっかくのご縁で始めるシェア生活。

楽しく過ごすために、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

長く続く秘訣は?

ルームシェアで上手に暮らしている人の、共通点を考えてみましょう。

smilies-1644210_640(credit:Alexas_Fotos)

協調性のある人

協調性の部分で成熟している人は、ルームシェアに向いているように思います。

実際に、長年ルームシェアを続けることができている人には、そのような性格の方が多いのも事実です。

数人で住むという場合は、そういう人がいてくれると、円滑にシェア生活ができるでしょう。

とはいえ、その人に任せましょうということではありません(笑)

何事もみんなで協力し合うことが一番ですし、そんな過程も楽しめるのが、ルームシェアの醍醐味でもあるのです。

トラブルに発展しそうなことは、事前に話し合って解決しておく。

より快適な暮らしのために、お互い向き合うことも、ルームシェアならではだと思います。

「こんな自分と一緒に暮らしてくれてありがとう!」お互いに、そんな温かい気持ちを持って接していれば、自然と良い雰囲気は生まれるでしょう。

その家の空気は、住む人の一体感によって、どんな風にもカタチを変えていくものです。

他人の価値観を尊重できる人

ルームシェアをしていると、そうじやゴミ捨てなどの家事や、食事のマナーなどの些細なことでも、考え方の違いが出てきます。

これは、それまでの生活環境の違いにより、当然のことと言えます。

大切なのは、価値観を同じにしようとするのではなく、相手の価値観を尊重するということです。

まったく同じ考えの相手など見つかるわけがありません。

実家暮らしや、一人暮らしでは発見することのなかった、新しい考え方に出会った。

そんな風に柔軟な対応ができると、とてもスムーズに暮らせます。

何より、自分自身が楽なのです。

「そういう考え方もあるんだな」と、新しい価値観に興味を持ったり、楽しめるくらいの、余裕が欲しいものですね。

そういう発想ができる視野の広い人は、ルームシェアに向いていると言えます。

相手を思いやれる人に対しては、相手もその人の価値観を尊重しようと、努力してくれます。

まさに円満な関係が築けるでしょう。

sunset-1331088_640(credit:marcoreyesgt)

他人に干渉しすぎない

「今日はどこに行ってたの?」

「明日の予定は?」

など、自分ではなにげないコミュニケーションの一環のつもりでも、相手にとっては、度が過ぎた干渉と感じることも、あるかもしれません。

「人は人、自分は自分」と、自立できていること。

コミュニケーションを大切にするのはとても良いことですが、何事も節度を持ちましょう。

適度な距離感がわかる人は、ルームメイトからも好かれ、良好な関係が築けている方も多いです。

干渉しすぎず、見放しすぎない。

とっても難しいことではありますが、心のパーソナルスペースも、人によって千差万別です。

生活を共にしていく段階で、相手のペースが分かってくることもあります。

きちんと向き合って、お互いの心の均衡点を見つけられれば、良い関係性が保てます。

まとめ-相手のこと、自分のことを少しだけ振り返ってみる-

これらの要素を、全部兼ね備えるなんて、実際には難しいですよね。

すべてを完璧にしようとする必要はありません。

シェアメイトとの生活を、大切にしようとする姿勢が見えれば、たいていのことは解決してしまうのも事実です。

自分の求めるように動いてくれないからと言って、相手にイライラしてしまいがちですが、相手が自分のことを気遣ってくれてさえいれば、許せることって多いと思いませんか?

「相手にばかり、自分に合わせるように要求していないか?」

「かくいう自分は、相手の思うように行動できているのか?」

時にはそんな風に振り返ってみることも有効です。

これは、ルームシェアに限らず、家族や恋人、夫婦関係にも言えることでしょう。

相手のことを尊重する気持ちを忘れなければ、自己中心的な行動にはならないし、配慮もできるはず。

お互いにそんな気持ちがあれば、大きなトラブルは避けられるでしょう。

成長する自分を楽しみながら、快適なシェア生活ができるといいですね!

投稿者: hase

年齢:30代(女) 職業:ライター(ノマド) 趣味:旅、サッカー、不動産物件回り。 特技:FX、株(冒険しないタイプ)、超高速タイピング 朝活でルームシェア関連の記事収集、執筆をするのが日課。 「ルームシェアをもっと身近に」をモットーに、 自身のルームシェア経験を生かした記事作りを心がけている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です