「買います」掲示板でiPhoneを買ったつもりが、箱にはリンゴが入ってた

apples, farmers market, upper west side

個人広告の掲示板で起こった詐欺事件のニュースです。

オーストラリアのブリスベーンで、Gumtree という大手のクラシファイド掲示板で他の人からiPhoneを買おうとした21歳の女性が騙された事件がニュースになっていました。

この女性、iPhoneを何台か買い取りたい、という募集広告を出したそうなのですが、個人が何台もiPhoneを買おうとするのもちょっと不思議ですね。まあとにかく、2台売れるよ、と連絡してきた女性とマクドナルドで会い、1500豪ドル(13万円ぐらい)と引き換えにiPhoneの箱を2つ引き取ったのですが、家に帰って箱を開封したところ、箱の中にはiPhoneじゃなくてリンゴ(Apple)が入ってたという話。

リンゴはiPhoneのメーカーであるAppleにかけてるんでしょうね。空箱だと持ったときにわかってしまうので、重りを入れたんでしょうけど、わざわざリンゴを入れるとは。

13万円ものお金を渡すのに、箱を開けて中身も見ないというのは論外で、個人間でものを売買するときには、ちゃんと動作確認をしたり、そのiPhoneがどこかからの盗品ではないことを確認するとか(購入時のレシートを貰ったり、見せてもらったりする)、何か問題があったときのためにメールアドレス以外の相手の情報を貰う(身分証明書を見せてもらうとか)など、するべきことはたくさんあると思います。

ルームシェアの場合はそこにある家を借りたり貸したりするので、物の売買ほどには詐欺の可能性は多くないですが、それでも、家を見せずに喫茶店などで契約してデポジットを持っていなくなってしまった、というような事件は発生しています。また全く自分に権利のない他人の部屋を見せて家賃を取るような詐欺もありうるでしょう(権利がないのだから当然入居できないですね)。

個人と個人で取引をすることで、途中に入る業者の取り分を節約できるのはクラシファイド・サービス(ルームシェアジャパンのような掲示板)の利点の一つです。しかし、その分、何かトラブルがあったときには自分しか頼れないのだ、ということをよく注意して、騙されないように注意する必要があるでしょう。

不審なルームシェア募集のチェック方法 – 写真・画像がオリジナルかを確認する

利用者の方から寄せられた警告で、明らかに詐欺とわかる募集を見つけましたので、みなさんに注意してもらいたいという意味でご紹介し、あわせて「どうしたらこの募集が詐欺だと簡単にわかるか」のチェック方法の一案をご紹介します。

募集の内容

今回ご指摘を受けた募集は、外国人名による、自動翻訳機能を使ったおかしな日本語によるものでした。

マスターベッドルームには、シャワー付きの大理石の専用バスルームを持っている
と大理石の洗面台。
メインバスルームは美しく大理石で飾られていると
石灰岩は、大きなバスタブ、シャワーとトイレがあります。ザ
バスルームには、優れたフィッティングと豊富な機能が装備されている
大理石や石灰岩の使用。独立したゲストもあります
小さな洗面台とトイレ。
フラットスクリーンテレビ、独立した3でコンディショニング完全に空気
個別に制御することができるゾーンは、DVDプレーヤー、ステレオ
ユニット、スペアDVDやCD、小さな図書室。

コンピューターによる翻訳自体は、善意の外国人利用者も使うため、それだけで怪しいということは必ずしも言えないと思います。

では、この募集のどのあたりが不審で、どうチェックすればいいでしょうか?

東京都内の募集にしては、海外のホテルのような設備だな、というのはあるので、その点で実在の物件かどうかを多少疑うことはできるかもしれません。

今回は、募集記事につけられていた物件の写真が手がかりとなりました。この写真です。

普通の日本の住居には見えない住居ですが、このような画像があれば、あるチェック方法を使うことで騙される可能性を減らすことができます。

グーグルの画像検索を使うというのがその方法です。

画像検索には、「この写真と同じ写真や似た写真を探す」という機能があります。先ほどの画像のアドレスをブラウザの右クリックメニューを使ってコピーし、画像検索のボックスのカメラマークから入力してみてください。

そうすると、まったく同じ部屋の画像が出てくることがあります。こんな風に。

今回は外国語のものが多いですが、まったく同じ部屋が、どうやらドイツや香港やフランスでも「貸します」といろいろなサイトで掲載されているようです。

この時点で、東京のどこかにこの写真の部屋は実在しておらず、しかも同じ内容で各国で募集をしているらしいことがわかりました。

実際にこの募集が怪しいと連絡をくださった方は、募集者に連絡したところ、

海外にいるのでアパートの鍵をTNTを使用し送ります。この業者にデポジットを含め家賃を2か月分預けてください。部屋を見てもらい気に入れば業者から私にお金が来て、気に入らなければ鍵を返送しお金も戻ってきます。

という返事が来たそうです。TNTという業者に確認されたところ、このようなお金を預かるサービスは行なっていないということで、お金を受け取りにくる業者というのが既にニセモノで、お金を受け取ったらそのまま消えてしまい、部屋も実在しない、ということなのでしょうね。

今回の件で怪しいのは、ニセの部屋の写真はもちろんですが、

  • 部屋を見せることなく契約に持ち込もうとしている
  • 大金を先に支払わせようとする。(詐欺師は鍵とか預り証とか色々な道具を使うでしょうけれど、実際に部屋に行ってその鍵で開けるまでは、鍵は何の保証にもなりませんね)

といった点もだと思います。掲示板で連絡を取った相手は、「まったく信用できない」という状態からやりとりをして、上記のような不審点を一つずつつぶしていく必要があります。不審な点がわずかでもある場合には、絶対にお金を送ったり、こちらの詳細な個人情報(名前・勤務先・写真などなど)を送ったりしないように、注意してください。