ルームシェアとテレビとNHK受信料 – 判決から

こんなニュースが届きました。

テレビ備え付けの賃貸物件で、NHKの放送受信料を入居者が支払うべきかどうかをめぐり、元入居者とNHKが争っていた裁判で、東京地裁(佐久間健吉裁判長)は10月27日、「物理的・客観的に放送を受信できる状態を作出した者」に支払いの義務があるとの判断を示し、元入居者の男性に受信料の返金を認める判決を下した。

テレビ備え付けの賃貸物件 入居者は「NHK受信料の支払不要」と判決 – ライブドアニュース

このニュースではレオパレスのマンスリーマンションだったようですが、「テレビ付きで貸した部屋の受信料は誰の負担か?」という点では、もしルームシェアで貸す側が部屋にテレビをつけて貸しても、同じような状況になるかと思います。

今回は地裁の判決で、これから高裁、最高裁とまだまだ裁判が続く可能性はありますが、とりあえずは、「テレビを付けて貸したんだから貸し手にNHK料金を払う責任がある」と考えておいた方が安全でしょう。

(credit: Marcus Onate)
(credit: Marcus Onate)

もし今、ルームシェアをしていて同様の問題で揉めてる人がいたら、この判決が一つの参考になるでしょう。

また、テレビを部屋に設置し、テレビがあることをウリにしているルームシェア大家は、今後はNHKの受信料を誰が払うのかについて、契約書で明記する方が安全です。何も取り決めが無ければ、貸す側の負担になってしまいます。契約前に説明し納得した上で契約すれば、借り手側のルームメイトが契約して支払うという取り決めにすることも可能かと思いますが。

関連

ルームシェア入門 – ルームシェアとテレビとアンテナ

取材依頼について

この情報は、私たちの運営するすべてのウェブサイトに共通です。

取材は歓迎いたします

電話やメールの取材はいつでも歓迎です。対面の取材はそのときの状況によります(日本(関東)とアメリカ等を行き来しているため)

メールでの連絡はこのリンクからどうぞ。

過去の取材結果

過去にどのようなメディアからどのような取材をお受けしたかについては、取材依頼カテゴリをご覧ください。

ルームシェア・ゲストハウス(シェアハウス)に関するコメント

主に代表のあきゆうきが担当いたします。

引用|転載について

「正当と認められる引用」については、こちらの許可を取る必要はありません。役にたつ情報があれば、出典を明らかにして使ってください。

当サイトの内容をまるごと複写し、あるいは内容が同じまま言い回しだけ変えたりして、ウェブ公開、出版などを行うことは引用の範囲を越えてますので、個別にご相談ください。

ルームシェアのノウハウ・tipsに関する取材で、「ルームシェア入門」の内容等をベースに記事を書かれたい、という場合は、記事を書かれた後で私たちが「ルームシェア入門」で伝えようとしている内容に間違いがないことを確認させていただければ、「ルームシェア入門」より、と添えていただくのは大歓迎です。

雑誌や書籍、テレビやラジオ等での紹介について

当ウェブサイトの存在の紹介や URL を紹介される場合は、リンクと同様にご自由にどうぞ。

また、トップページの写真掲載も、許可は不要です。連絡も不要です。(その雑誌のルールとして、必ず著者に連絡しなければいけない、ということであれば、メールいただいても構いません。時間があれば、応諾のお返事も書きます)

連絡は要りませんが、もし掲載するということをあらかじめ連絡していただければ、当サイト内で発売日や誌名、放送日などを宣伝することができるかもしれません。

ルームシェアしている人たちを取材したい、という取材依頼は

私たちのサイトでは、募集掲示板等をお使いのユーザーさまの情報をできるだけ直接扱わないようにしています。ですので、細かい条件をつけて「こういうルームシェアしている人を取材したい」という依頼をいただいても、探してご紹介することはしておりません。

ルームシェアジャパンには、募集掲示板に併設して情報交換を行なうフォーラムがありますので、そちらの該当の箇所で条件を書かれて募集されれば、実際にルームシェアをされている方で取材を受けてもよいという方から連絡が来るかもしれません。

サイトの紹介について

取材いただいたサイトについて、サイト名やURLをご紹介いただけると大変嬉しいです。

私達の一番の目的は「ルームシェア」という新しいライフスタイルをより多くの方に知っていただくことです。ですので、取材結果の発表時に、サイトを紹介するそれらにようなスペースがどうしても取れない、といった場合には、無理にお願いするものではありません。

掲載紙の送付等について

掲載誌がいただける場合や原稿料が出る場合について、掲載誌や稿料の送付先についてはメールにてお問い合わせください。 アメリカの住所でも、日本の住所のどちらでも受け取ることができます。

また、掲載日・雑誌名・放映日時等を教えていただけるようであれば、当サイトでも記事や番組について宣伝させていただきたいと思います。