若者と老人とのルームシェア

世田谷区長の保坂展人さんが書かれた記事 「高齢者の孤独」を癒す「学生・若者とのホームシェア」の可能性は を読みました。

世代交代に伴う空き家の増加や、その活用がされずに廃屋が増えていることが社会問題となりつつありますが、世田谷区でも空き家をどのように活用するかという研究がなされているようです。また、同じ文脈の中で、フランスのNPOによる高齢者と若者のルームシェアマッチングの話や、オランダでの老人ホームに若者を住まわせる話なども紹介されています。

Black and White
photo credit: Brian Auer

いざという時のトラブル解消のバックアップ等の仕組みを整えて、高齢者の孤独を癒し、そのことと若者・学生への住宅支援が両立する仕組みに取り組んでいきたいと考えています。

日本の場合、投票などの政治行動に置いて高齢者の人数も参加率も高いため、行政としてはどうしても高齢者に訴求する箇所がより多く取り上げられることが多い気がしますが、単に若者を労働力やヘルパーとして使うということではなく、高齢者とルームシェアする若者にも十分なメリットがなければならないでしょう。

若者の敬老精神やボランティア意識につけこんで依存するような形ではなく、そのルームシェアをする若者にとっても得があるようにとなると、やはり一番は家賃などの対価が市場に比べて割安であること、など思います。

不動産を所持して使わない個室やスペースを持て余している人が、ルームシェアジャパンのような掲示板を使って住処を必要としている若者にそれを安価に提供してくれれば、東京のような大都会の住みづらさも少しは解消されるのではと期待しています。

一生涯を通して(部屋が空いている時に)ルームシェアをするということについては、「ルームシェア入門」でも書いたことがあります。

生涯ルームシェア、という考え方

ワンルームマンション規制は将来のルームシェアを増加させるかも

東京都心の多くの区で、若者向けのワンルームマンションが建てにくくなる、いわゆる「ワンルームマンション規制」の条例が制定されている、というニュースがありました。

ワンルームマンションの建築を規制する区の条例が、都内で相次いで施行されるなど規制が広がっている。面積が25平方メートル未満の部屋を持つマンションが建てにくくなるというものだ。面積を増やせば家賃が高くなることも予想され、学生や高齢者が住みにくくなるという批判もある。しかし、こうした条例が制定される背景には、単身者のゴミ出しのマナーの悪さや自転車の路上駐輪が問題化していることがある。

25平方メートル未満「ノー」 都内で広がる「ワンルームマンション規制」 : J-CASTニュース

条例の内容は区によって違いますが、20平米、25平米以下といったサイズが小さなマンションをたくさん作れないようにするというものです。既にその地域に住んでいる人たちの希望によって、単身者が借りられる(狭いけど)安い賃貸を減らす目的で制定されているようです。

記事では、ワンルームマンションに住む人に対する苦情(ゴミ出しのルールを守らなかったり、自転車の停め方が悪かったり、騒音がひどかったり)がある、と文京区の担当者に語らせていますが、ファミリーであれば必ずマナーが良いわけでもないでしょうし、区や政治に働きかける時間や能力のあるファミリー世代が、ばらばらで投票率も少ないであろう若者世代を遠ざけようとしているようにも見えますね。

ワンルームマンションを作りにくくしたからといって、都心の一人暮らしの独身者や若者が増えなくなるわけではないでしょう(日本全体では人口減少でも東京は増加)。このような規制が続くと、既存住民が望むファミリー向けのマンションは「作れるけど借り手不足」、ワンルームマンションなどが対象にしていた独身の若者は「ワンルーム不足で規制の緩い郊外暮らしを余儀なくされる」ということも起こるかもしれません。

そうなると、ファミリーマンションを活用して安く住める「ルームシェア」は、都心部でますます希少で価値のある選択肢となるかもしれませんね。そもそもワンルームマンションは使用時間の短いキッチン・バス・トイレなどを一人一人が持たなければいけない非効率な暮らし方で、海外ではファミリー向けでルームシェアすることで若者や独身者もファミリーと同じように過ごせていたわけですから。

起業家とルームシェア

アメリカのルームシェア募集サービス Roomi のCEO アジャイ・ヤダブさんが、Forbes に「起業とルームシェア体験」についてのコラムを寄せています。

ルームシェアをする起業家は珍しくないだろう。限られた資金からの出費を節約することができるだけでなく、最良の相手を見つけられれば、起業家としての自分に最良の影響を与えてくれる。

Forbes Japan

ヤダブさんは、「ルームメイトがいることで、だらけずに頑張れる」「会話・議論をする力が仕事にも役立つ」「仕事がすべてではないという視野の広がりが持てる」など、ルームシェアを通した経験が自分の起業に役に立っている、と語っています。

ニューヨークで40代以上のルームシェアが急増

Curbed New York の記事によると、ニューヨーク市でルームシェアをする人の7人に1人は、40歳以上だそうです。

これは、イギリス/アメリカでルームシェアサイトを運営するDailySun New York

「壁の穴」を家賃6万円で貸し出す、サンフランシスコの強烈なルームシェア事情

アメリカのサンフランシスコで、ルームシェアしている20代のIT企業家の二人が500ドルで貸し出したのが、crawl space(=這って入れるような空間)。

crawl-space-in-san-francisco-classified

物置のようなところの壁から横に空いている穴の先は、斜面に建っている家と斜面との間に出来た、立ってはいられないほど狭い穴だそうです。

ごまかすつもりは全然なくて、写真のとおり、ここは地下にある這って入れるような、床は斜めになっている空間です。斜めの地面には土を入れて、平らにした上でラグを引いてもいいとルームメイトの許可を得ました。マットレスとナイトスタンドは置けるし、ガレージには衣装ケースを置いてもらって構いません。ガレージから延長コードで電気もひけるし、サンフランシスコの寒い冬をしのげるだけの暖房は地下にも届くし、あるいは電気ヒーターを持ち込んでもらってもいいです。

バスルームと台所は他のルームメイトと共用となります。

日本よりもずっとIT業界の給料の良いサンフランシスコ地域ですが、これ以上広がれない限定された市街地に住みたい人が多すぎるせいで、家の値段や家賃が高騰しているそうです。直近の平均的な家賃は月50万円にもなるということで、それに比べたら東京なんてまだ安い方に見えてしまうという異常さですね。

家賃が高い地域に、どうしてもそこに住みたい人がいるような状況では、このような変わった(ひどい)物件も登場してしまうのでしょう。逆に、ここまでひどくなくても空いているスペースがあれば、何か普通に借りる家に比べて足りないものがあっても、オファーを出すだけ出してみると助かる人もいるのかもしれませんね。

via The Crazy Craigslist Ad for a $500-a-Month Crawl Space in San Francisco | Credit.com

シリコンバレーの意識高すぎるルームシェア募集「スタートアップの城」

アメリカ、シリコンバレーのSUpostのルームシェア募集掲示板に載っているものすごいルームメイト募集記事が、その募集条件の条件の多さにIT業界人たちの興味を引いているようです。

startup-castle

スタンフォード大学の近く、ウッドサイドにあるこのチューダー朝様式の豪華ハウス。チューダー朝様式のデザインだそうです。このルームシェア物件は、自身もウェブサイトまで持っており、「スタートアップ・キャッスル」と称しています。

startup-castle-photos

ITやバイオなどの分野で大学を出るか出ないかといった若者達が起業(スタートアップ)する文化がアメリカ、特にシリコンバレーにはありますが、まさにそういう志向を持った人たちが集まり、自分たちと共感できる仲間を探しているというわけです。

ただ、スタートアップ志向の人が豪華なお城に住む意味がどれぐらいあるのか、そして彼らのシェアメイトへの要件がものすごくて話題になっているわけですが…

このお城の新しい仲間になるために必要なのは、

  • 最高レベルの学位を持つか、高度な数学・科学が必要な仕事についていること
  • 週に15時間は運動していること
  • 車での通勤は20%以下であること(自転車通勤者!)
  • よく整理整頓されたシステムと共通のルールを好むこと
  • 犬を飼うのが好きなこと

まあこれぐらいなら要件に合う人もいるでしょう。しかし次に「以下にあてはまるような人はお断り」のリストも続きます。

  • 週に4時間以上、テレビや映画を見たり、ビデオゲームなどで遊ぶ
  • 2つ以上イレズミがある
  • 2回以上デモ抗議などに参加したことがある
  • 週に3回以上、ソーシャルメディアに投稿する
  • 露骨な歌詞の音楽を一日に何度も聴く
  • 週に3度以上化粧する
  • 500ドル以上する服・靴・時計・ハンドバッグ等を持っている
  • 請求書を誰か他人に払ってもらったことがある
  • 親に貰った車に乗っている
  • 親から日常的にお小遣いやプレゼントを貰っている
  • 週に2個以上スマホアプリを入手している
  • 冷蔵庫スペースを大量に使う複雑なダイエットをしている
  • 週に4杯以上アルコールを飲む
  • 年に3回以上マリファナを吸う
  • 精神科医に処方箋を書いてもらったことが2回以上ある
  • それ以外のドラッグを人生で3回以上やったことがある

どう思いますか? 最近のアメリカ・カリフォルニアの人たちの嗜好が透けて見えるリストですね。環境や健康を気にするのはクールなんでしょうし、起業などしたいという人なら親からちゃんと自立してるのは望ましいということでしょう。嗜好品やドラッグについては、日本とは基準が違うんだなーと感じさせられます。

しかし、僕ならこんなうるさい人たちの所には入りたくないですね。シリコンバレーの人たちがツイッターなどで反応している様子を見ても、

https://twitter.com/agolis/status/598582038439002112

「地獄のようなところに見える」

「毎日2時間も運動するの!」

など、あまり好意的なものは多くないようです。

ただお城なだけでなく、ジムや図書室、イベントスペースなど多数の共用設備を持っているこのハウスシェア、個室が1750ドルから、ドミトリーは1000ドルからということで、東京なんかよりはるかに家賃が高い現在のシリコンバレーなので異常ということはないですが、さすがの値段です。

ルームシェアジャパンを「起業」で検索してみると、やはり起業を目的とした人たちで一緒に住みましょうというものや、オフィスシェアでオフィスを共用しましょうという呼びかけはあります。同じ目標・近い目標を持つ人とシェアをして頑張ろう、という事自体はとてもいいことだし意味もあると思います。

via Fusion Kevin Roose(Digg創業者)

23歳。女性3人の快適シェアハウス – 朝日新聞 東京の台所

社会人2年目。広島、福島、茨城出身の大学の同級生女子3人で、卒業の半年後、シェアハウスに住みはじめた。あらかじめシェアハウスとして整えられた建物ではなく、3LDKの賃貸マンションを、互いに知恵を出し合い工夫しながらシェアしている。
http://www.asahi.com/and_w/life/SDI2015051241371.html

自分たちで企画運営しているので、シェアハウスではなくてルームシェアですね。

「やっぱり共同生活はお金のことが大きいですから。要望はシビアに言い合って、互いの納得する金額にしたのが良かった。テーブルやソファなど共有で買った家具は、退去の時に売って分配すると決めています。旅行など3人で遠出するときはレンタカーにしたり、近場の買い物は、マンションの敷地内にあるカーシェアを利用したりします。公共料金はワリカン、味噌など共有の食材を立て替えたときは、レシートに印をつけて月末に精算します」

シェアしていることのメリットを最大限に得るためにいろいろ工夫されていると思います。

「だからワンルームで一口コンロのキッチンが不満でした。私は1口では足りず、電気コンロを足して使っていたほど。3人それぞれに“広い台所が欲しい”というのが、シェアハウス開始の大きなきっかけになっています」

キッチンを見る、というシリーズのようなので、ファミリー物件で家族向けの大きなキッチンが使える、というルームシェアの利点も取り上げられています。

風船部屋 – 一ヶ月不在だったルームメイトを迎えて

一ヶ月居なかったルームメイトが帰ってくる! 男3人のルームシェアで、留守番の二人が考えたお迎えは、いっぱいの風船でルームメイトの部屋を埋めてしまうことでした。

クーリエ・ジャポン「やっぱり、海外で暮らしてみたい」に海外のシェア事情が多数

ちょっと前の号なのですが、海外のニュースを多数扱う月刊誌クーリエ・ジャポンの2013年10月号の特集「やっぱり、海外で暮らしてみたい。」を読んでいたところ、海外で暮らす日本人を取材した記事のいろいろなところで、ルームシェアに関する話題が出ていました。

イギリス・ロンドン

「ロンドンに着いてすぐ、会社が紹介してくれた部屋の家賃が1200ポンドもして、驚きました。ロンドンでの一人暮らしはとても高くつくので、20代の独身者はフラットをシェアするのが当たり前になっています」

クーリエ・ジャポン2013年10月号 p.31 外国人にも開かれた「国際都市」ロンドン生活を満喫する日本人たち

ロンドンは海外からの不動産投資が多く、家の値段が高いようです。そのような都市の中心部で若い人が住もうとすれば、ルームシェアという選択はごくごく自然ということでしょう。文中に出てくる「フラットシェア(flatshare)」は、ルームシェアのことを呼ぶ一番一般的なイギリス英語ですね。

シンガポール

家賃が高いシンガポールでは、1軒を何人かでシェアするのが一般的で、彼らが住んでいるのは50戸ほどの家が連なった「タウンハウス」と呼ばれる長屋型の集合住宅だ。

クーリエ・ジャポン2013年10月号 p.54 経済発展にともなって家賃も高騰… シンガポールの生活事情を聞いてみた

こちらの記事は、かなりルームシェアの話が多い記事となっています。インド人オーナーの公団住宅(HDB)で、一部屋に4人、全体で10人ほどで住んで大変だったという体験や、日本人以外と仲良く住みながら現地に詳しいルームメイトに助けてもらったり、掃除や洗濯を週一回外部の業者にまかせることで、ルームメイト間での掃除当番などのトラブルを防いでいるといったような話が紹介されていました。

シンガポールのルームシェア事情については、ルームシェアジャパンのブログでも現地の人に聞いた話をまとめています。興味のある方はぜひこちらも読んでみてください。

アメリカ・ニューヨーク

前のバンドの元メンバーが住んでいたいまの物件に空きが出たのをきっかけに、8人が巨大なフロアをシェアする部屋に入居した。もともと工業用に使われていたロフトだが、いまは1階が写真スタジオ、3階が音楽スタジオとして使われているほか、残りの4フロアは、増田のフロアと同様、何人もの若者が住居としてシェアしている。

生活空間とスタジオを兼ねた窓もない部屋に払う家賃は月800ドル。バスルームやシャワーは8人で共同だというが、生活の時間帯が個々に違うからか、意外と不便ではないと増田は言う。

クーリエ・ジャポン2013年10月号 p.66 夢を叶えるために「世界の首都」へ ニューヨーク生活はこんなに刺激的

これはまた強烈な事例ですね。倉庫のようなところを無理やり住むところに変えて住んでいる話です。8人で一つのトイレやシャワーというのは、かなり厳しい方かと思います。そんな状況でも住みたい、暮らしたいという魅力が、ニューヨークのその地区にはあるんでしょうね。

自分たちで壁を作ったり直したりして住空間をよくしていくのは、たいへんでもあるけれども楽しい、という話も出ています。

この特集の載ったクーリエ・ジャポンはこちら

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 10月号 [雑誌]

世界6カ国での日本人の暮らしぶりが特集されている中で、3箇所でルームシェアに関する話が出てきています。シェアの話が出なかったパリやハワイでも、ルームシェアして住んでいる人はたくさんいます。

ぼくはルームシェアしたくない人にまでシェアをしろと言うつもりはまったくないのですが、こうやって世界の大都市での暮らしぶりの記事にシェアの話が(ルームシェアの特集記事というわけでもないのに)たくさん出てくるということで、ルームシェアという暮らし方が決して異常でも特殊でもない、ということは言いたいですね。

ルームシェアでも構わない、ルームシェアで得られる利点(安さとか便利さとかルームメイトからの友人ネットワークとか)も興味ある、という人は、こういった海外の都市に行ったときにルームシェアを検討するのもよいし、東京のような日本の都市でも選択できるんだなという風に知ってほしいと思います。

関連

クーリエ・ジャポン|COURRiER Japon 107 October 2013

クーリエ・ジャポン10月号、本日24日(土)発売です。 « クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)

海外移住の前に知っておきたいこと 【書評】Courrier Japon(クーリエジャポン)2013年10月号

1月30日「ルームシェアの始め方セミナー」を開催します!

バナー750×250_seminar201401

【1/27】1/30のセミナーは定員に達しました。多数のご予約ありがとうございます。

「ルームシェアをしてみたいけど、どうしたらいいのかわからない」
「使ってない部屋があるのだけれど、ルームシェアはできないか」
といった悩みを持つ方を対象にした「ルームシェアの始め方セミナー」を1月30日に開催いたします。

先日、ユーザー交流会を開催し、和やかな雰囲気で楽しい時間を過ごすことができましたが、
もっと大人数でのレクチャーの方が参加しやすいというご意見もありました。
今回のレクチャーでは、ぜひ多くの方にご参加いただければと思います。

=====================================
「ルームシェアの始め方セミナー- 空き部屋活用・充実した暮らしのために -」

人口減少期のなか、空き家・空き部屋の増加が課題となっています。また、新たな社会問題として「脱法ハウス」などが取り上げられる中、個人同士で空いた部屋をやりとりするルームシェアに注目が集まっています。

ルームシェアは、営利目的で運営するシェアハウスと違って、事業者が介在しない分、誰でも主体となって始めることができます。シェアハウスとくらべても家賃が安めなことから、住まいの借り手からも選ばれています。

本セミナーでルームシェアのノウハウを伝えることで、一人でも多くの方にルームシェアのよさを知ってもらい、ルームシェアが広がっていけば幸いです。

チラシはこちら:
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2014/01/roomshare-seminar-20140130.pdf

Facebookイベントはこちら:
https://www.facebook.com/events/1391113487810759/

【こんな方にオススメ!】
・所有している物件をルームシェアにしたい
・物件を購入し、ルームシェアすることに興味がある
・仲間を集めて賃貸でルームシェアしたい

講師:あきゆうき
ルームシェアジャパン代表。「ルームシェア」という言葉が通用しなかった日本で1997年からルームシェアを始める。その体験をネットに公開し、2002年には日本語で初めてのルームシェア本を出版。人生を変えうるルームシェアをより多くの人に知ってもらいたいと活動を続けています。

内容(予定):
・ルームシェアとは何か
・ルームシェアの準備
・ルームシェアの募集
・ルームシェアの運営方法
・ルームシェアと税金、お金について
・質疑応答

【開催概要】
主催:ルームシェアジャパン
日時:2014年1月30日(木) 19:00 – 21:00
場所:ギークカフェ水道橋
   東京都千代田区三崎町2-13-7ギークハウス1F
   地図はこちら http://geek-cafe.net/access.html
料金:ワンドリンク制(コーヒー250円から)
定員:20名(先着順)

※セミナー終了後も、ルームシェアについて語りあったり、質問を受け付ける場を設ける予定です。お時間許す方はご参加ください。

【お申し込み方法】
Webから:
以下のサイトのお申し込みフォームより必要事項を記入してください。
http://kokucheese.com/event/index/139261/

メールから:
お名前、メールアドレス、本セミナーで聞いてみたいこと(任意)を添えて、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
pr(アットマーク)roomshare.jp

みなさまのお越しをお待ちしています!