[ニュースリリース] シェアハウスを探せるiPhone/iPadアプリ「ゲストハウスジャパン」を公開しました

プレスリリース

2013年 10月 15日

ルームシェアジャパン

===================================================
要約: シェアハウスを探せるiPhone/iPad向けアプリ「ゲストハウスジャパン」を公開しました

キーワード: ゲストハウス, シェアハウス, ルームシェア, iPhone, iPad, iOS
===================================================

日本のシェアハウスを無料で紹介する無料シェアハウスポータルサイト
「ゲストハウスジャパン」を運営するルームシェアジャパンでは、
スマートフォン利用者の急増に合わせ、スマートフォンアプリの提供を開始しました。
2013年7月のAndroidアプリに引き続き、ゲストハウスジャパンのiPhone/iPadアプリを公開しました。

iPhone/iPadアプリについて

【タイトル】Guesthouse Japan(ゲストハウスジャパン) 日本全国シェアハウス情報検索アプリ
【価格】無料
【特徴】
・地域や地名からゲストハウス・シェアハウスを探せる
・メール、電話などの問い合わせが簡単にできる
・手数料を含め完全無料
・ゲストハウス・シェアハウス登録数日本最大級

【アプリケーションURL】
Guesthouse Japan(ゲストハウスジャパン) 日本全国シェアハウス情報検索アプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/guesthouse-japan-gesutohausujapan/id717009037

guesthousejapan-ios-apps-1

guesthousejapan-ios-apps-2

guesthousejapan-ios-apps-3

guesthousejapan-ios-apps-4

guesthousejapan-ios-apps-5

サイト情報

「ゲストハウスジャパン」は、日本のゲストハウス、シェアハウスを無料で紹介するサービスであり、日本最大(*)のルームシェア募集サイト「ルームシェアジャパン」の姉妹サイトです。
ルームシェアの情報サイトとして日本最大級を誇り、今年で9年目になります。
(*) グーグルトレンド, アレクサの両社による

ウェブサイトURL: http://guesthousejapan.net
運用開始: 2004年
カテゴリ: ゲストハウス・シェアハウス紹介サービス

ルームシェアとゲストハウス・シェアハウスの違い

ルームシェアとは、一戸建てや2DK、3LDKなどの部屋が複数あるアパートやマンションなど、二人以上が住めるような住居に、家族/親族/恋人などではないまったくの他人と一緒に住むことです。
ゲストハウス・シェアハウスも共同生活(シェア)という点で似ていますが、業者が管理をしている場合が多いのに対し、ルームシェアは、個人間で一戸の中の空いている部屋を貸し借りし、住んでいる人が当事者同士で管理・運営する形態となります。
ルームシェアジャパンでは、この個人間のルームシェアはもちろんのこと、ゲストハウス・シェアハウスの情報提供を通じ、シェアする暮らしの認知を高めていきたいことからゲストハウスジャパンを運営しています。

運営者情報

団体名: ルームシェアジャパン

ルームシェアジャパンは、日本でのルームシェアの認知度を高め普及を推進する団体です。
個人間で一戸の中の空いている部屋を貸し借りする「ルームシェア」の専門サイトである
「ルームシェアジャパン」を運営しています。
前身となるルームシェア情報サイトの開始(1997年)から、ルームシェア
募集掲示板の開設(2000年)を経て、募集掲示板の運営は14年目となります。
現存するルームシェアサイトでは日本で最も古く、国内最大(*)のアクセスがあります。
(*) グーグルトレンド, アレクサの両社による

米クレイグズリストのような個人広告サービス(クラシファイド)が定着しない日本で
継続的に運用されている数少ない分野特化型のクラシファイドサービスです。

2002年には日本初のルームシェア入門書「ルームシェアする生活」を出版しています。

開設: 1999年

運営サイト

ルームシェアジャパン
http://roomshare.jp/

ルームシェアルームメイト(会員登録制ルームシェア募集ポータル)
http://roommate.jp/

ゲストハウスジャパン(ゲストハウス=シェアハウス情報サイト)
http://guesthousejapan.net/

ルームシェア入門
http://roomshare.jp/guide/

ルームシェアジャパン公式ブログ
http://roomshare.jp/blog/

————————————-
本件に関するお問い合わせ先

ルームシェアジャパン 広報担当: 近藤
e-mail: pr(アットマーク)roomshare.jp
ウェブサイト: http://roomshare.jp/
ツイッター: @roomshare
フェイスブックページ: http://www.facebook.com/roomsharejp
————————————-

* 本報道発表資料は、以下のアドレスでもご覧頂けます。
http://roomshare.jp/blog/2013/10/15/guesthousejapan-ios-apps-released

* 素材キャプチャ(ご自由にご利用ください)
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-1.png
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-2.png
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-3.png
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-4.png
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-5.png

* 報道発表資料の配信先の変更、および配信の中止を希望される場合は、
お手数ですがタイトルに【配信停止】と入れ、
pr(アットマーク)roomshare.jpまでご連絡ください。

[ニュースリリース] 日本最大のルームシェア募集サイト「ルームシェアジャパン」がGoogleによる課金に対応

=============================================================
要約: ルームシェア相手を探す募集掲示板サイト「ルームシェア
ジャパン」が新たにGoogleウォレットに対応しました

キーワード: ルームシェア, ライフスタイル, 共同生活, クラシファイド
=============================================================

報道関係者 各位
プレスリリース 2011年12月31日
ルームシェアジャパン

———————————————————-
「ルームシェアジャパン」Googleウォレット対応
http://roomshare.jp/
———————————————————-

ここ数年、日本でも都会の若者を中心に居住の選択肢の一つとして
定着しつつある「ルームシェア」の相手を探すための国内最大(*)
クラシファイドサイト「ルームシェアジャパン」が、無料の個人広
告を目立たせる有料機能の支払いで、グーグル社が新たに日本でも
サービスを開始したGoogleウォレットによる課金に対応しました。

http://roomshare.jp/

注目機能サンプル画像:
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2011/12/rsj-feature-post-4-500×263.png
(*) グーグルトレンド, アレクサの両社による

——————————
サービス概要:
——————————

ルームシェアジャパンは、個人間で一戸の中の空いている部屋を
貸し借りする「ルームシェア」の専門サイトです。

米クレイグズリストのような個人広告サービス(クラシファイド)が定着
しない日本で継続的に運用されている数少ない分野特化型の
クラシファイドサービスです。

「ルームシェアジャパン」は、日本にまだ「ルームシェア」という
単語・概念が定着する前から、ルームシェアの啓蒙活動とルームシェア
賃貸の希望者のマッチングを行なう掲示板の運営を行なってきました。

——————————
Googleウォレット および Google In-app Payments:
——————————

グーグル社が今年2011年7月に米国で開始した、ウェブサイト上での
少額課金を実現するサービスがGoogle In-app Paymentsです。
サイト訪問者は、Googleウォレットを経由し、クレジットカード等
でサイト上での少額の支払いをすることができます。

このサービスが12月15日に、日本を含む17ヶ国での利用が可能とな
ったことを受け、ルームシェアジャパンでは個人広告を少しだけ
目立たせるという「注目機能」を導入し、その課金にGoogle In-app
Paymentsを導入いたしました。。

グーグル社の発表
http://googledevjp.blogspot.com/2011/12/in-app-payments.html

ルームシェアジャパンでは、多数の個人が集まるユーザー投稿型の
webサービス運営において、無料であり続けるためには広告以外の
小口の収益方法が必要と感じていました。

今回の、固定費用の不要な少額課金を可能にしたGoogle社の日本で
のサービス対応を歓迎し、いち早く対応いたしました。

——————————
サイト情報:
——————————

ウェブサイトURL : http://roomshare.jp/
公式運用開始日 : 2000年 4月25日
カテゴリ : ルームシェア募集掲示板サービス

アクセス数: 100万ページビュー/月間
7,000ユニークユーザー/日
利用者層: 20代中心(携帯サイト)-30代前半中心(PCサイト)
男女比: 男性44% – 女性56%
地域: 関東・大都市部

——————————
運営者情報:
——————————

団体名: ルームシェアジャパン

ルームシェアジャパンは、日本でのルームシェアの認知度を高め普及を
推進する団体です。2002年には日本初のルームシェア入門書
「ルームシェアする生活」を出版しています。

開設: 1999年 (募集掲示板開設 2000年4月25日)

運営サイト:

ルームシェアジャパン
http://roomshare.jp/

ゲストハウスジャパン(ゲストハウス=シェアハウス情報サイト)
http://guesthousejapan.net/

ルームシェア入門
http://roomshare.jp/guide/

—————————————————————–
本件に関するお問い合わせ先:

ルームシェアジャパン 広報担当: あき ゆうき
e-mail: siteadmin(アットマーク)roomshare.jp
ウェブサイト: http://roomshare.jp/
ツイッター: @roomshare
—————————————————————–

* 本報道発表資料は、以下のアドレスでもご覧頂けます。

[ニュースリリース] 日本最大のルームシェア募集サイト「ルームシェアジャパン」がGoogleによる課金に対応

* 報道発表資料の配信先の変更、および配信の中止を希望される場合は、
お手数ですが「配信停止」等と沿えてこのメールにご返信ください。

[ニュースリリース] 日本最大のルームシェア募集サイト「ルームシェア ジャパン」が10周年と同時にサイトデザインを一新

[ニュースリリース] 日本最大のルームシェア募集サイト「ルームシェア
ジャパン」が10周年と同時にサイトデザインを一新


要約: ルームシェア相手を探す募集掲示板サイトの中で最も歴史が
長くアクセスの多い「ルームシェアジャパン」がサイトを完全
リニューアルしました。

キーワード: ルームシェア, ライフスタイル, トレンド, 若者


報道関係者 各位
プレスリリース 2010年 4月21日
ルームシェアジャパン


「ルームシェアジャパン」リニューアル&10周年
http://roomshare.jp/


今や日本でも都会の若者を中心にライフスタイルの一つとして定着し
つつある「ルームシェア」の相手を探すための国内最大(*)クラシファ
イドサイト「ルームシェアジャパン」が、使いやすさの向上を目指し
ウェブサイトの完全リニューアルを行いました。

http://roomshare.jp/

新トップページ画像:
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2010/04/roomshare-japan-top-new-design.png
新一覧ページ画像:
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2010/04/roomshare-japan-list-new-design.png

(ご参考)旧トップページ画像:
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2010/04/roomshare-japan-top-old-design.png

また、募集掲示板は2000年の開設から今月4月25日でちょうど10周年
となります。ルームシェア募集の投稿数は、初期の掲示板からの累計で
9万件を越えました。

(*) グーグルトレンド, アレクサの両社による

サービス概要:

ルームシェアジャパンは、個人間で一戸の中の空いている部屋を
貸し借りする「ルームシェア」の専門サイトです。

前身となるルームシェア情報サイトの開始(1997年)から、ルームシェア
募集掲示板の開設(2000年)を経て、募集掲示板の運営は近く10周年を
迎えます。

米クレイグズリストのような個人広告サービス(クラシファイド)が定着
しない日本で継続的に運用されている数少ない分野特化型の
クラシファイドサービスです。

バブル崩壊後の景気停滞、賃貸不動産市場の冷え込みや若者の節約・
エコロジー志向、アメリカ型ライフスタイルの認知、などの複数の
トレンドが重なり、サイトの利用者はこの5年間で2.5倍、10年では
100倍の伸びを見せています。

ルームシェアジャパン月間募集投稿数の変遷

募集投稿数
(一ヶ月当たり)
2001 20件
2002 94件
2003 153件
2004 262件
2005 800件
2006 1344件
2007 1508件
2008 1360件
2009 1754件
2010 (予想)1969件

ルームシェアジャパン掲示板では、ルームシェアに近い業者運営の
独身寮(ゲストハウス。業者によってはシェアハウスとも呼称)に
ついてもカテゴリを設けています。

日本におけるルームシェア:

1990年代までは東京在住の外国人が中心となって細々と存在した
ルームシェアは、日本の大家・不動産仲介業者がワンルーム
マンション等の個室貸し文化を守ってきたためもあり、日本では
アメリカの映画やドラマでのみ見られた「遠い国のライフスタイル」
でした。

しかし、不景気と、2000年代に入ってからの和製ドラマ
(「春らんまん」「ルームシェアの女」「ラスト・フレンズ」等)
によるルームシェアの認知度の高まりを受け、ルームシェアで
部屋を貸す普通の会社員や、ルームシェアで部屋を借りる若者の数が
増えています。

「ルームシェアジャパン」は、日本にまだ「ルームシェア」という
単語・概念が定着する前から、ルームシェアの啓蒙活動とルームシェア
賃貸の希望者のマッチングを行なう掲示板の運営を行なってきました。

より詳しくは、日本初のルームシェア解説本(「ルームシェアする生活」)
の元となった姉妹サイト「ルームシェア入門」より、
http://roomshare.jp/guide/

ルームシェアの定義
http://roomshare.jp/guide/what-is-flatshare-more/
日本のルームシェアの歴史
http://roomshare.jp/guide/roomshare-history/

をご覧ください。

サイト情報:

ウェブサイトURL : http://roomshare.jp/
公式運用開始日 : 2000年 4月25日
カテゴリ : ルームシェア募集掲示板サービス

アクセス数: 120万ページビュー/月間
8,000ユニークユーザー/日
利用者層: 20代中心(携帯サイト)-30代前半中心(PCサイト)
男女比: 男性44% – 女性56%
地域: 関東・大都市部

運営者情報:

団体名: ルームシェアジャパン

ルームシェアジャパンは、日本でのルームシェアの認知度を高め普及を推進する団体です。2002年には日本初のルームシェア入門書「ルームシェアする生活」を出版しています。

開設: 1999年 (募集掲示板開設 2000年4月25日)

運営サイト:

ルームシェアジャパン
http://roomshare.jp/

ルームシェアルームメイト(会員登録制ルームシェア募集ポータル)
http://roommate.jp/

ゲストハウスジャパン(ゲストハウス=シェアハウス情報サイト)
http://guesthousejapan.net/

ルームシェア入門
http://roomshare.jp/guide/


本件に関するお問い合わせ先:

ルームシェアジャパン 広報担当: あき ゆうき
e-mail: siteadmin(アットマーク)roomshare.jp
ウェブサイト: http://roomshare.jp/
ツイッター: @roomshare


* 本報道発表資料は、以下のアドレスでもご覧頂けます。
http://roomshare.jp/blog/2010/04/21/release-roomshare-japan-renewal

* 報道発表資料の配信先の変更、および配信の中止を希望される場合は、
お手数ですがタイトルに【配信停止】と入れ、
siteadmin(アットマーク)roomshare.jpまでご連絡ください。