[ニュースリリース] シェアハウスを探せるiPhone/iPadアプリ「ゲストハウスジャパン」を公開しました

プレスリリース

2013年 10月 15日

ルームシェアジャパン

===================================================
要約: シェアハウスを探せるiPhone/iPad向けアプリ「ゲストハウスジャパン」を公開しました

キーワード: ゲストハウス, シェアハウス, ルームシェア, iPhone, iPad, iOS
===================================================

日本のシェアハウスを無料で紹介する無料シェアハウスポータルサイト
「ゲストハウスジャパン」を運営するルームシェアジャパンでは、
スマートフォン利用者の急増に合わせ、スマートフォンアプリの提供を開始しました。
2013年7月のAndroidアプリに引き続き、ゲストハウスジャパンのiPhone/iPadアプリを公開しました。

iPhone/iPadアプリについて

【タイトル】Guesthouse Japan(ゲストハウスジャパン) 日本全国シェアハウス情報検索アプリ
【価格】無料
【特徴】
・地域や地名からゲストハウス・シェアハウスを探せる
・メール、電話などの問い合わせが簡単にできる
・手数料を含め完全無料
・ゲストハウス・シェアハウス登録数日本最大級

【アプリケーションURL】
Guesthouse Japan(ゲストハウスジャパン) 日本全国シェアハウス情報検索アプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/guesthouse-japan-gesutohausujapan/id717009037

guesthousejapan-ios-apps-1

guesthousejapan-ios-apps-2

guesthousejapan-ios-apps-3

guesthousejapan-ios-apps-4

guesthousejapan-ios-apps-5

サイト情報

「ゲストハウスジャパン」は、日本のゲストハウス、シェアハウスを無料で紹介するサービスであり、日本最大(*)のルームシェア募集サイト「ルームシェアジャパン」の姉妹サイトです。
ルームシェアの情報サイトとして日本最大級を誇り、今年で9年目になります。
(*) グーグルトレンド, アレクサの両社による

ウェブサイトURL: http://guesthousejapan.net
運用開始: 2004年
カテゴリ: ゲストハウス・シェアハウス紹介サービス

ルームシェアとゲストハウス・シェアハウスの違い

ルームシェアとは、一戸建てや2DK、3LDKなどの部屋が複数あるアパートやマンションなど、二人以上が住めるような住居に、家族/親族/恋人などではないまったくの他人と一緒に住むことです。
ゲストハウス・シェアハウスも共同生活(シェア)という点で似ていますが、業者が管理をしている場合が多いのに対し、ルームシェアは、個人間で一戸の中の空いている部屋を貸し借りし、住んでいる人が当事者同士で管理・運営する形態となります。
ルームシェアジャパンでは、この個人間のルームシェアはもちろんのこと、ゲストハウス・シェアハウスの情報提供を通じ、シェアする暮らしの認知を高めていきたいことからゲストハウスジャパンを運営しています。

運営者情報

団体名: ルームシェアジャパン

ルームシェアジャパンは、日本でのルームシェアの認知度を高め普及を推進する団体です。
個人間で一戸の中の空いている部屋を貸し借りする「ルームシェア」の専門サイトである
「ルームシェアジャパン」を運営しています。
前身となるルームシェア情報サイトの開始(1997年)から、ルームシェア
募集掲示板の開設(2000年)を経て、募集掲示板の運営は14年目となります。
現存するルームシェアサイトでは日本で最も古く、国内最大(*)のアクセスがあります。
(*) グーグルトレンド, アレクサの両社による

米クレイグズリストのような個人広告サービス(クラシファイド)が定着しない日本で
継続的に運用されている数少ない分野特化型のクラシファイドサービスです。

2002年には日本初のルームシェア入門書「ルームシェアする生活」を出版しています。

開設: 1999年

運営サイト

ルームシェアジャパン
http://roomshare.jp/

ルームシェアルームメイト(会員登録制ルームシェア募集ポータル)
http://roommate.jp/

ゲストハウスジャパン(ゲストハウス=シェアハウス情報サイト)
http://guesthousejapan.net/

ルームシェア入門
http://roomshare.jp/guide/

ルームシェアジャパン公式ブログ
http://roomshare.jp/blog/

————————————-
本件に関するお問い合わせ先

ルームシェアジャパン 広報担当: 近藤
e-mail: pr(アットマーク)roomshare.jp
ウェブサイト: http://roomshare.jp/
ツイッター: @roomshare
フェイスブックページ: http://www.facebook.com/roomsharejp
————————————-

* 本報道発表資料は、以下のアドレスでもご覧頂けます。
http://roomshare.jp/blog/2013/10/15/guesthousejapan-ios-apps-released

* 素材キャプチャ(ご自由にご利用ください)
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-1.png
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-2.png
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-3.png
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-4.png
http://roomshare.jp/blog/wp-content/uploads/2013/10/guesthousejapan-ios-apps-5.png

* 報道発表資料の配信先の変更、および配信の中止を希望される場合は、
お手数ですがタイトルに【配信停止】と入れ、
pr(アットマーク)roomshare.jpまでご連絡ください。

「買います」掲示板でiPhoneを買ったつもりが、箱にはリンゴが入ってた

apples, farmers market, upper west side

個人広告の掲示板で起こった詐欺事件のニュースです。

オーストラリアのブリスベーンで、Gumtree という大手のクラシファイド掲示板で他の人からiPhoneを買おうとした21歳の女性が騙された事件がニュースになっていました。

この女性、iPhoneを何台か買い取りたい、という募集広告を出したそうなのですが、個人が何台もiPhoneを買おうとするのもちょっと不思議ですね。まあとにかく、2台売れるよ、と連絡してきた女性とマクドナルドで会い、1500豪ドル(13万円ぐらい)と引き換えにiPhoneの箱を2つ引き取ったのですが、家に帰って箱を開封したところ、箱の中にはiPhoneじゃなくてリンゴ(Apple)が入ってたという話。

リンゴはiPhoneのメーカーであるAppleにかけてるんでしょうね。空箱だと持ったときにわかってしまうので、重りを入れたんでしょうけど、わざわざリンゴを入れるとは。

13万円ものお金を渡すのに、箱を開けて中身も見ないというのは論外で、個人間でものを売買するときには、ちゃんと動作確認をしたり、そのiPhoneがどこかからの盗品ではないことを確認するとか(購入時のレシートを貰ったり、見せてもらったりする)、何か問題があったときのためにメールアドレス以外の相手の情報を貰う(身分証明書を見せてもらうとか)など、するべきことはたくさんあると思います。

ルームシェアの場合はそこにある家を借りたり貸したりするので、物の売買ほどには詐欺の可能性は多くないですが、それでも、家を見せずに喫茶店などで契約してデポジットを持っていなくなってしまった、というような事件は発生しています。また全く自分に権利のない他人の部屋を見せて家賃を取るような詐欺もありうるでしょう(権利がないのだから当然入居できないですね)。

個人と個人で取引をすることで、途中に入る業者の取り分を節約できるのはクラシファイド・サービス(ルームシェアジャパンのような掲示板)の利点の一つです。しかし、その分、何かトラブルがあったときには自分しか頼れないのだ、ということをよく注意して、騙されないように注意する必要があるでしょう。