台湾でのルームシェアの探し方!

こんにちは。ルームシェアアドバイザーのまな蜜柑(まなみかん)です。

今回は台湾でルームシェアを見つける方法を、台北在住5年、台湾の法人で働く日本人の方に伺ったので、そちらをリポートしたいと思います。

・そもそも、台湾はどんな家が多いの?

2月の台北では夜と日中の温度が気温10度〜25度の間でした。

一番寒い時期ですが、沖縄より南にあるため、日本のどの地域より暖かいと言えます。

最近までは石垣島と台北との定期船が出ていたほどなので、石垣島に行ったことがある方は、ほぼ同じ気候と考えてよいと思います。

南国仕様なので、冷房はあるが暖房がない家がほとんどで、家には除湿器が必要なほど、一年中蒸しています。

台湾も地震が起こる国なので、建物には窓は少なめで、家賃が安い家になると窓がありません。

また、お風呂もついていない、シャワーのみのタイプの家がほとんどです。

地価が高いので、ルームシェアの物件は平屋よりアパート、マンションタイプが多く、

大家さんは部屋ごとに異なっており、事務所と住宅の区別もあまりないため、同じビルでも部屋ごとに住居と事務所が混在しています。

部屋の貸し借りは業者を通してではなく、個人で交渉するのが一般的です。

物件契約の際は台湾語の話せる人を見つける必要がありそうですね。

m.k.
m.k.

写真は、2間(2DK?)の部屋が680万元(約2300万円)で購入でき、月1万8千元(約6万円)で貸し出しできるよ!という広告です。

地下鉄徒歩一分とありますが、この建物は結構古そうに見えますよね。

・家賃の相場はおいくら?

台北は台湾の中でも家賃が高いことで知られており、台湾人でも親と同居が多く、一人暮らしの難易度が高い都市です。

土地がそもそも高いため、マイホームは夢のまた夢、とされています。

ではシェアハウスなら、いくらからあるのでしょうか?

m.k.
m.k.

現地の方も利用する、物件検索サイト「591」を使って探してみましょう。

m.k.
m.k.

アプリで「591」で検索するとトップに出てきます。

どうやら香港版もあるようですね。

m.k.
m.k.

まず地域を選択します。台北中心部は台北市です。

「租屋」というのが賃貸という意味なので、そちらを選択します。

m.k.
m.k.

色々な物件が出てきますので、右上の「捜尋(写真では虫眼鏡)」で詳細検索をします。

地区(地域)「台北市」

租金(家賃)「5000元以下」

と検索してみると、1坪〜数坪のオフィスのようなものばかりがヒットしますよね。

そう、まず5000元以下ではルームシェアでも住めないのが台湾なのです。

おすすめの検索はこちらの写真になります。

m.k
m.k

「型態」は建物の形態のことです。
「公寓」はマンション。
「電梯大樓」はエレベーター付きマンションです。
台湾は高層マンションが多いのですが、古い建物はエレベーターがついていない場合があります。

「類型」は部屋の形態のことです。
「雅房」は間借りで、トイレ、シャワー、玄関が共用のタイプです。
「套房」トイレ、シャワー付きの部屋で、以下ABの2種類があります。

A「獨立套房」(独立套房)は玄関が別々で日本のワンルームマンションのようなタイプで、
B「分租套房」は玄関や洗濯機が共用で、他は個室に分かれているタイプの部屋です。

租金(家賃)「5000元−10000元」

で検索すると、いくつかの住居が見つかりますよね。

最低家賃が6000元(約2万円)、トイレ、シャワー付きは8000元(約2万7千円)から、ということになります。

ほとんどの物件に写真数枚と住所の詳細がありますので、

家や学校などの長期滞在予定の場所に近い物件を見つけてみてくださいね。

ちなみに、私が今回台湾で感じたのが、「お風呂に入っていない人が多くて、体臭がきつい」ということでした。

電車やバスでの通勤通学は人を選ぶかもしれないので、都心に住んで自転車で生活するのもいいと思いますよ。ご勘案くださいませ。

今日も良い一日を祈っています。

まな蜜柑より。

投稿者: まな蜜柑

北海道出身。21歳から世界中旅をして、現在東京でシェア生活中。 朗読家として、ライターとして活動中。 ルームシェア歴10年の経験を生かしてコラムを書いていきたいと思います。 くつろいだ気分で楽しんで読んでいただけましたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です